イベント情報| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

今年もTHE TOKYO ART BOOK FAIR 2016に出店します。

昨年に引き続き、今年もTHE TOKYO ART BOOK FAIRに出店します。

http://tokyoartbookfair.com/

☝クリックでHPに移動します。

2016年9月16日(金)15:00〜21:00
2016年9月17日(土)12:00〜20:00
2016年9月18日(日)12:00〜20:00
2016年9月19日(月・祝日)11:00〜19:00

入場無料

東京都港区北青山1-7-15 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス

今回は70~90’sのSMやボンテージなどの少しフェティッシュなものを中心に。
あまり流通していないものが多く、時代からこぼれ落ちたものならではの
おもしろさがあると思います。
お待ちしています。

Instgramにも商品の一部を載せているので、
もしよろしければご覧ください。

https://www.instagram.com/natsumebooks/

☝クリックでInstgramに移動します。

**葛飾柴又・寅さん祭り**

こんにちは!

台風の影響でおかしな空模様ですね。
晴雨兼用の傘様様です。

昨日、葛飾柴又で開催された寅さんまつりに行ってきました!

かつまるガイドより

かつまるガイドより

寅さんまつりは、帝釈天での盆踊りがメインのお祭り。

以前、最終日に訪れた際、コンテストの真っ最中で踊れないというまさかの事態・・・!

今回も最終日に訪れる運びとなったので
同じ過ちを繰りかえさぬよう、コンテストに参加してみました!!

個人戦の曲目は
「東京音頭」「葛飾音頭」「寅さん音頭」の3曲。

馴染みの「東京音頭」は振りも簡単なので問題ないのですが
「葛飾音頭」と「寅さん音頭」は動きが多く、一週間の練習では振りを覚えるのがやっと。

なんとか覚え、いざ本番。

櫓を囲んで踊るというのは、本当に楽しいですよね。
夜があけるまで踊りつづけたいという気持ちになります。

そして、やはり振りが頭にあると面白さ倍増!
いつも以上に盆踊りが好きになりました。
ですので、来年に向けて何曲か覚えておくことをお勧めいたします。

そうそう、盆踊りは足から覚えると早く上達するそうです。
盆踊りのみならず、踊りは下半身、そして舞いは上半身が大切とのこと。

私は欲が出てきたので、来年は優秀賞を目指して頑張りたいと思います。

柴又帝釈天公式サイトより

柴又帝釈天公式サイトより

帝釈天は、こじんまりしたお寺かと思っていたら、意外と奥に広くて驚きました。
晴れた日に、帝釈天を参拝してから、街をおさんぽするのも楽しそうです。

それではごきげんよう **

アートフェア東京2016 参加のお知らせ

毎年恒例の国内最大級のアートイベント「アートフェア東京2016」が5月12日(木)~14日(土)の3日間、有楽町の東京アートフォーラムで開催されます。
https://artfairtokyo.com/2016

アートフェア東京2016

日本最大級のアートフェア、アートフェア東京。第11回目を迎える今回は、過去最多の国内外157ギャラリーが出展します。古美術、工芸から近代美術、現代アートに至る幅広いジャンルや時代の作品を一堂に会する日本最大級のアートの見本市として、国際的なアートマーケットにおいて重要な役割を担っています。

今年も「ボヘミアンズ・ギルド」として出展いたします。
アンディ・ウォーホル、ジャスパー・ジョーンズなどの海外美術から、因藤壽、李禹煥、菅井汲、堂本尚郎、榎倉康二などの新入荷作品を多数展示いたします。
古書店ならではの空間を展開いたしますので、是非お越しください。

ボヘミアンズ・ギルドの出展ブースはN78です。
https://artfairtokyo.com/galleries/314

アートフェア東京は一般の方もご覧いただけます。入場にはチケットが必要です。チケットは当日、会場のチケットカウンターで購入できます。前売券を事前に購入いただけると、割引もありますし、当日の入場がスムーズです。※当店店頭にて500円の割引券を配布しております(残りわずか)。

チケット
1-Day Passport 来場当日出入り自由

当日2500円前売2000円 ※12歳以下の児童・幼児は大人同伴で無料

3-Day Passport 一般公開日全日出入り自由

当日4500円前売4000円 ※12歳以下の児童・幼児は大人同伴で無料

【会場】

東京国際フォーラム展示ホール(東京都千代田区丸の内3-5-1)

【日程】
プレビュー・特別先行入場招待者のみ

5月11日(水)16:00~21:00

5月12日(木)11:00~14:00

5月13日(金)11:00~12:00

一般公開

5月12日(木)14:00~21:00

5月13日(金)12:00~21:00

5月14日(土)10:30~17:00

【お問い合わせ先】

aTOKYO株式会社
〒106-0041 東京都港区麻布台1-9-12 飯倉台ビル4階
(03)-5797-7911
URL:https://artfairtokyo.com/2016

第10回企画展「夏目書房入札目録下見会」 神保町ファインアーツ

こんにちは!

手足が悴む12月、みなさま如何お過ごしでしょうか。
神保町ファインアーツでは、年末の入札会に向けて「夏目書房入札目録下見会」を開催しております。
普段の10倍近くが展示されているため、ギャラリーは熱気がございます!

毎年恒例の年末入札会の時期が近づいてまいりました。
今回は神保町ファインアーツにて、入札目録の下見会を開催しております。

版画を中心とした画額から……

書簡や色紙、原稿**

かわいい小ぶりの立体もございます。

もちろん書籍も♪

普段は、ボヘミアンズ・ギルドの2階に並んでいるこれらの商品。 入札会では、通常価格に比べてかなりの低価格でお買い求め頂ける年に一度のイベントです。
下見会では300点以上の出品商品をすべてご覧頂けますので、気になる商品がございましたら、是非ご参加下さい

尚、プライスカードには「最低落札価格」が記載されております。
入札ご希望の方は、スタッフまでお声かけください。


また入札会は、去年から「ヤフオク!」と連動して行っております。

ボヘミアンズ・オークション(ヤフオク!は、こちらからご覧頂けます。)
http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/bohemiansguild

12月12日より、順次アップロード致します。
「特選」と書かれた商品が入札目録掲載商品です。


パソコンが苦手なお客様は、当店入札用のアカウントで代理入札を行います。

代理入札ご希望のお客様は、以下の方法でご注文下さい。
① Mail(natsume@natsume-books.com)

② 目録に添付の「入札申し込み書」でFAX(03-5577-6947)

③ 電話(神保町ファインアーツ 03-5577-6946)

④ 下見会場にて直接ご入札(STAFFにお声掛け下さい)
※下見会での新規のお客様には身分証のコピーをとらせていただきます。

尚、当店のシステムの都合上、全作品1000円スタートとさせていただきますが、 最低落札価格が設定されております。 最低落札価格まで到達しない場合は、売買が成立いたしませんのでご了承下さい。


神保町ファインアーツ 第10回企画展「夏目書房入札目録下見会」

会期:2015年12月1日(火)~12月19日(土)

時間:平日11:30-19:00 日祝11:30-18:00

場所:神保町駅A7出口徒歩1分
一誠堂書店の左2件隣り、日本文芸社ビル2F(1Fが菅村書店の白いビル)

第9回企画展「日本の抽象芸術」 神保町ファインアーツ

こんにちは、
過ごしやすい秋も去りいよいよ冬がやって参ります。
神保町ファインアーツでは11/6より『日本の抽象芸術』の展示を開催しています。

jfa1

jfa2

抽象芸術ってどんなイメージをお持ちですか?
一般的には具体的なものなどを描き出したのではない芸術、でしょうか。

具象に相反するといわれる抽象ですが
その判断はおもに作品を制作した作家の意図に委ねられています。
どんな作品も、その一点において抽象主義作品となりえるのです。

今回ご紹介するのは
静謐な詩情を湛えた難波田龍起、
コラージュ、アッサンブラージュ、オブジェ、彫刻など枠にとらわれない制作をした菅創吉、
代表的な彫刻作品「うつろひ」シリーズで知られる宮脇愛子、
力強いタッチの構図と色彩が特徴の須田剋太、などの作家達です。
「日本の抽象芸術」として展示されるこれらの作品を、
頭で理解するのではなく感じる事をテーマに
曇りなき眼で体感していただければ幸いです。

今回の展示では、50-60年代に活動していた作家達の作品を一挙公開しています。
有名無名の作家を取り揃え、簡単なプロフィールもあわせて紹介させていただいていますのでじっくり御覧ください。

jfa9

小さな立体作品やシートもございます。

jfa6

jfa7

神保町も寒くなってきましたので、今回は暖色溢れる空間でお待ちしています。
お散歩がてら是非お立ち寄りください。

jfa8


『日本の抽象芸術』
会期: 2015年11月6日(金)〜 2015年11月28日(土)
展示作家: 難波田龍起/富岡惣一郎/山本弘/生野敬明/菅創吉/出光孝子/水谷勇夫/山本正/宮脇愛子/須田剋太/赤穴宏(順不同)など
会場:神保町ファインアーツ
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

韓国最大のアートフェア-KIAF2015-本日から始まります!

韓国最大のアートフェア「KIAF2015」が本日から6日間開催されます。

今年も韓国のギャラリーを中心に100以上のギャラリーが世界中から集まっています。
当店も「Bohemian’s Guild by Natsume-books」としてAホールの15ブースにて 参加しています。
1960〜70年代を中心に日本、韓国の作家を集めました。
李禹煥、菅木志雄、関根伸夫など,もの派の作家、村上友晴、因藤壽のモノクローム作品や文承根等々、日本アヴァンギャルド、具体周辺の成熟した時代の作品を多数展示しています。
そして日本の現代の作家代表として奈良美智の作品も展示しています。
どれも、なかなか見ることの少ない作品ばかりです。


神保町からは小宮山書店さんも参加しています。

会場は韓国のアーティストの作品が多数展示されています。
最後に会場で見つけたナム・ジュン・パイク。画面に映ってるのはジョン・ケージ。

韓国なので日本からは多少距離がありますが、お近くにきた際には是非ご来場下さいませ。

●KIAF 2015 10/7-11
COEX 1st Floor / HALL B 15
http://www.kiaf.org

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015

こんにちは、諸橋です。魚座です。

夏目書房は、今日から3日間、
THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015
に出展いたします。

沢山の独創的で洗練されたZineの中に紛れて、
池袋の混沌で洗練された古書を販売しております。

IMG_5507

我々は、ルームFの18に陣取って
皆様のお越しをお待ちしております。

目印はこのスナック看板です。

IMG_6436

IMG_9358

☝クリックでHPに移動します。

9月19日(土)15:00〜21:00
9月20日(日)12:00〜20:00
9月21日(月・祝)11:00〜19:00

京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
東京都港区北青山1-7-15

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015、明日からです。

明日から3日間、出店します。
あれやこれやいろいろ絶賛準備中です。
お待ちしてます。

☝クリックでHPに移動します。

9月19日(土)15:00〜21:00
9月20日(日)12:00〜20:00
9月21日(月・祝)11:00〜19:00

京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
東京都港区北青山1-7-15

http://tokyoartbookfair.com

夏目書房、THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015に出店します。

こんばんは。
ランニングが思いのほか続いています。
走った後にはネクターを飲みます。
甘いです。
池袋本店、店長の大西です。

今回は、イベントのお知らせです。

☝クリックでHPに移動します。

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2015に、夏目書房として出店します。

行ったことのある人もいるかと思いますが、
その名の通り美術やデザインなどの出版物が年に一度、
盛大に集まるアジア最大規模のアートブックフェアです。
zineやリトルプレス、これに向けて作られたアーティストブックなど、
普段なかなか目にする機会のない本もたくさん集まるので
本が好き、美術が好きという人は、必ずしや楽しめるイベントだと思います。

こんな感じです。

夏目書房は、美術書はもちろんのこと
版画やオリジナル・プリント額なども持っていく予定です。
それ以外にもいろいろ企てているので、ご期待ください。

9月19日(土)15:00〜21:00
9月20日(日)12:00〜20:00
9月21日(月・祝)11:00〜19:00

京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス
東京都港区北青山1-7-15

http://tokyoartbookfair.com

第7回企画展「池田満寿夫 Prints & Trump」 神保町ファインアーツ

おはようございます。

傘を買えば雨は止み、傘を置いていけば雨が降る。
そんな不安定なお天気のまま、9月に突入してしまいました。

神保町ファインアーツでは、9/1(火)より第7回企画展として「池田満寿夫 Prints & Trump」を開催致します。

版画家、画家、彫刻家、陶芸家、エッセイスト、映画監督など多彩な顔を持つ池田満寿夫。今回の企画展は、最も作品数の多い版画作品を中心に展示・販売しております。

池田満寿夫は、1956年に日本の前衛美術の先駆者である瑛九に見出され版画の道へと進みました。

その1年後の東京国際版画ビエンナーレ展の入選をきっかけに、次々と国内外の賞を受賞。1965年、ニューヨーク近代美術館で日本人初の個展を開催するなど、世界的に活躍しました。

エロスの作家と言われ官能的なイメージがありますが、その作風は年代によって大きく異なっています。

今回の展覧会では、1960年代から1990年代までの様々なタイプの版画作品をご覧頂けます。

こちらはトランプの原画。
優れた色彩感覚と抜群の造形センスです。
作品を元に作られたトランプも合わせてご覧頂けます。

また、池田満寿夫は書籍もかなりの数が出版されています。
こちらは豆本。
左の「かぐやひめ」は銅版画が10図入。
右の「豆本因縁噺」には版画はございませんが、木製ペーパーナイフが何とも可愛らしく、小さな木函との相性抜群です。

作品集や展覧会図録などもございますので、お手にとってご覧くださいませ。

昭和43~46年に美術出版社より発行された「季刊版画」。
創刊号の特集は池田満寿夫。
限定版は版画入です。


2号の特集は、8月にファインアーツで展示をしていた野田哲也


現存の枠にとらわれず生涯内なる欲求に従い、探究心を持ち続けた作家・池田満寿夫をご堪能下さい。

会場:神保町ファインアーツ
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

次のページ →

ページの先頭へ