江戸絵画| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

尾形乾山・光琳『着想のマエストロ 乾山見参!』展

こんにちは、鈴木です。
現在、サントリー美術館で開催されている『着想のマエストロ 乾山見参!』展。
本展にちなみまして今回は、尾形乾山をご紹介します。

—————————————————————————————————————————
尾形乾山は江戸時代の陶工、絵師です。兄に琳派の始祖として知られる尾形光琳をもちます。書物を愛し、若くして隠棲的な生活を送った乾山の作風は自由で素朴、町衆文化に独自の美意識を見出したものです。一方で兄、光琳から学んだ琳派画風を意匠化した雅びな焼物も作り、乾山焼と名付けられます。
また乾山は海外の陶磁のデザインも取り入れ作風の幅を広げています。そんな乾山の陶磁器はどこか愛らしく、現在でも古さを感じさせません。
そして兄、光琳。弟とは対照的に派手に遺産を浪費した遊び人だったようです。乾山と同じく独自の美意識が、琳派に見る絢爛豪華な画風を作り出しています。そんな2人は兄弟合作の作品も多く制作しています。
乾山と光琳、2人の作品を見比べてみるのも楽しいかもしれません。お互いに受け合った影響がどこかに見られるはずです。

ちなみにバーナード・リーチの師匠は六代目尾形乾山です。そしてリーチは日本最大の真贋事件ともいわれる「佐野乾山真贋論争」にも巻き込まれていきますが、この話はまたどこかで。
—————————————————————————————————————————

「乾山と京のやきもの」展 尾形乾山開窯300年・京焼の系譜

「乾山と京のやきもの」展 尾形乾山開窯300年・京焼の系譜
1999年/NHK 少傷み・少ヤケ

尾形乾山手控集成 下野佐野滞留期記録 光琳・乾山関係文書集成

尾形乾山手控集成 下野佐野滞留期記録 光琳・乾山関係文書集成
住友慎一/渡邉達也編
1998年/芙蓉書房出版 函少傷み・ヤケ

乾山の芸術と光琳

乾山の芸術と光琳
2007年/出光美術館 カバー

サントリー美術館で行われている展覧会は7/20が最終日なので、見に行きたい方はお早めに。他にも乾山関連また琳派などの江戸美術に関する図録、画集がございますのでお気軽にボヘミアンズ・ギルドにお越しください。

ボヘミアンズ・ギルドでは、様々なジャンルの書籍、また版画や絵画などの美術作品などの買取をしています。お売りいただけるものがございましたら是非ご連絡ください。☞くわしくはこちらから

終了しました!根津美術館 「誰が袖図―描かれた着物」展

誰が袖図展チラシ

「これは誰の袖なのか」。そんな風変わりな名で呼ばれる絵があります。衣桁や屏風にたくさんの衣裳を掛け並べた様子を描く「誰が袖図」です。「誰が袖図」 には、秘められた室内空間を覗き見て、そこに掛けられた美しい衣裳を愛で、薫きしめられた香りをイメージし、ひいてはそれを着る人の面影をしのぶ、そんな 多層的な趣向が備わっています。(展覧会チラシより)

新宿駅で展示されていたポスターにひかれて、行ってまいりました。
ブログを書いている途中に展覧会が終了してしまい、申し訳ありませんがご報告ということでお許しください。。。

チラシの図を見ていただけますでしょうか。
作品自体が屏風であるのに、入れ子のように実物大の部屋の様子が描かれており、
その中には人は描かれていません。
それにも関わらず持ち主の気配は濃厚に感じられます。

主役は持ち主不在のまま描かれた「衣類とそれが置かれた空間」のようです。
なんだかシュールなんです。
すごく不思議な味わいで、粋で先鋭的な現代美術に通ずる感覚だと思います。
これこそ外国の人に紹介したいジャパン・クールです。
*

蛇足ですが、着物の模様の描かれ方には二通りあるとおもうのです。
ひとつは実際に見えるようにシワなどに合わせて絵柄を変形させているもの。
もうひとつは実際を無視して絵柄の紙を布のかたちに切り取って貼付けたようなもの。

今回展示されていたものはどちらとも言えず、自然に見えるギリギリのラインで模様がしっかり描かれていて好感が持てました。

この「誰が袖(たがそで)図」3点は根津美術館のコレクションのようですので
また見るチャンスはあると思います。

興味を持たれた方は覚えておいてください。

*

根津美術館に初めて行ったのですが、この季節は庭園の紅葉が素晴らしいようです。
私が訪れた日はかなりの寒さと強風でしたので、大事をとって庭を鑑賞するのはあきらめました。冷え性でない方はどうぞ。

また根津・三井記念・五島美術館の入館券を集めると、次の展覧会が1回無料となる「秋の三館-美をめぐる」というキャンペーンが行われていたようです。
残念ですが、冬のキャンペーンをお待ちください。

コレクション展 誰が袖図 描かれたきもの

2014年11月13日(木)~12月23日(火・祝) ※終了しています

休館日 月曜日
開館時間 午前10時‐午後5時(入館は午後4時30分まで)
入場料 一般1000円、学生[高校生以上]800円
*中学生以下は無料
会場 根津美術館 展示室1

夏の想い出 絵金祭り**

夏も終わりに近づいて参りました。
今年はどこのお祭りにいきましたか?
私は、今年あまり行けなかったのですが……今まででいちばん印象的だったお祭りは、高知県の“絵金祭り” です。

絵金祭りとは、幕末の絵師・絵金の芝居絵屏風を並べた横で、屋台やお化け屋敷などが繰り広げられる独特のお祭り。
絵金の屏風絵を見ることができるのは、年に一度、この時だけ!

年月を重ね、 傷みが見られるようになった屏風絵を見て、 まちの人たちは「絵金蔵」という絵を保管する場所をつくり、
お祭りの際にだけ披露しているようです。

屏風の前にどろどろに溶けた蝋燭が置かれ、おどろおどろしさ倍増。
この写真はまだ溶けてないようで、あまりどろついていませんが……実際見た時には、もっと迫力ありました。

絵金の強烈な“血赤”と呼ばれる赤色は、邪気を払う魔除けの色として庶民に受け入れられていたようです。
毒をもって毒を制す、といったところでしょうか。

一押しの色男!

一押しの色男!

各地方には、まだまだ私たちが知らない不思議なお祭りがたくさんあることでしょう。
色々調べてみても面白いかもしれません。


絵金の書籍はこちらからどうぞ!


夏目書房&ボヘミアンズ・ギルドでは、様々な書籍の買取をしております。
お売り頂けるものがございましたら、是非ご連絡ください♪

**魅惑のニッポン木版画** ~月岡芳年・歌川国芳~

横浜美術館で25日まで開催されていた「魅惑のニッポン木版画」に行ってきました!
浮世絵から現代まで、さまざまな種類の木版画が展示されていて、かなり見応えありました。

なかでも興味深かったのが、浮世絵ゾーンに展示されていた月岡芳年の『風俗三十二相』と歌川国芳の『ほふづきづくし』。

芳年の『風俗三十二相』は以下の4点展示されていました。

すずしさう

かわゆらしさう

かわゆらしさう

めがさめさう

タイトルのつけ方が洒落てますよねー
『風俗三十二相』とかけた“~さう”はもちろん、
歯磨きをしながら朝顔を見る図を「めがさめさう」とは、なんとも◎

けむさう

特に気になったのはこちらの「けむさう」。

眉をひそめて団扇で顔を覆う女性。
すごくいい表情です。本当にけむそうに見えますよね!
また、この煙の描き方が珍しいなあと思いました。

浮世絵では大抵、もくもくしたものか曲線で縁取りを描くかのどちらかではないでしょうか。
こんな風に曲線を織り交ぜて描くなんて、イラストの様で面白いですよね!

もくもく系

もくもく系

フチだけ系

フチだけ系

そしてもう一つは、こちらの『ほふづきづくし』です!

夕立

きゃーかわゆい!!
手で覆う子、他のほうづきのぬけがら?を使う子、這いつくばる子、、、そして余裕に傘をかぶる子。
なんだか国芳らしくないヘタウマな感じがします。
這いつくばる子なんてとくにバランスがおかしいですよね。
そこがまた笑いを誘います。

このシリーズ、全部で9点見つかっているそうです。
是非とも全部見てみたいですね♪

ミュージアムショップにはなんと、ほうづき柄ののど飴が!

夏目書房では、芳年・国芳はもちろん、様々なジャンルの書籍・版画等を買取しております。

お売りいただけるものがございましたら、御連絡下さい。

買取の詳細はこちらから。

寺岡政美の浮世絵ポップ・アート

東北での若冲展に関連してか、このところ浮世絵の展覧会図録がよく売れているようです。

ここでは日本ではあまり知られていない浮世絵にポップアートを取入れた現代美術の作家、寺岡政美(てらおかまさみ)を紹介いたします。

『魚女と芸術家』 左が寺岡政美自身です。

『ロサンゼルス寿司シリーズ 怪談 魚女と画家』 左が寺岡政美自身です。

1936年広島県に生まれ、25歳で渡米した寺岡はロサンゼルスの美術大学を卒業します。1971年より浮世絵とアメリカ文化を融合したユーモラスでエロティックな水彩画『浮世絵シリーズ』で認められ、知り合いの子どもが輸血でエイズ感染したことにより、コンドームやエイズの恐怖をテーマに描くようになります。

ここでは初期の浮世絵シリーズをご覧にいれます。

マクドナルド・ハンバーガー日本襲来/芸者と刺青の女

「マクドナルド・ハンバーガー日本襲来/芸者と刺青の女」

侍ビジネスマン ゴーホーム

「侍ビジネスマン ゴーホーム」

ロサンゼルス寿司シリーズ/うに女と寿司シェフ

「ロサンゼルス寿司シリーズ/うに女と寿司シェフ」

無秩序世界のアレゴリー

「ハナウマ湾シリーズ/無秩序世界のアレゴリー」

ニューウェイヴ・シリーズ エイト・コンドーム・ファンタジー

「ニュー・ウェイヴ・シリーズ/エイト・コンドーム・ファンタジー」

エイズ・シリーズ サムライ・ツイスト

「エイズ・シリーズ/サムライ・ツイスト」

実物は未見なのですが、水彩でうまく木版画調に表現しているようです。本当に美しい色彩で、タイトルもとてもユニークです。自分が不勉強のせいなのですが、絵のうしろに書かれた江戸文字がほとんど読めないのが残念です。読みたい。

さて現在、日本語で読める彼の資料はほとんどありません。
日本での展覧会参加は知るかぎり

●1994年 「人間の条件展」(東京/芦屋)グループ展
●1997年 「Lets Go 浮世絵 現代美術と浮世絵の交錯展」(東京/三鷹)グループ展
●1997年 「寺岡政美 浮世絵現代/歌舞伎からインターネットへ」 (長野/小布施町)個展 の三つ。
個展は長野で開催された一度だけです。

母国である日本で大きな展覧会が開催され、詳細な解説のついた書籍の販売を期待しています。

現在ボヘミアンズ・ギルドにはこの長野での個展のカタログを1冊のみ在庫しております。上記のリンクからご注文になれます。

 

また当店の最新目録のご注文はこちらです。

掲載品はすべて一点のみの在庫となります。お早目のご購入をおすすめいたします。
こちらで写真版の収録作家を紹介しています。

また買取も随時おこなっておりますので、よろしくお願いいたします。

明日は3.11 東北限定『若冲が来てくれました展』のお知らせ

3/1より仙台で『特別展 東日本大震災復興支援 若冲が来てくれました プライスコレクション江戸絵画の美と生命』展が開催されています。

 

この展覧会は東北限定で開催される特別なものです。

若冲の絵画にあふれる生命の輝き・美しさをもって、被災した人々を慰め、
子供たちを元気づけたいというプライス夫妻の願いから計画されたそうです。

JakuchuChojyukaboku01

東日本大震災を知ったプライス夫妻が真っ先に思い浮かべたという《鳥獣花木図屏風》

 

震災直後は海外から予定していた作品を借りることができず、展覧会が変更や中止を
余儀なくされたことが大きく話題となりました。

今回の展覧会はプライス夫妻の日本文化への深い敬意と愛情が成せるものだと思います。

タイトルにある「来てくれました」という言葉にはそんな夫妻への感謝の気持ちが
あらわれているようです。

 

開催3館(仙台市博物館、岩手県立美術館、福島県立美術館)は
子供向けに新たに作品タイトルをつけるなど、様々な工夫をこらして展示するようです。

遠方の方でも会期に余裕がありますので、是非足をお運びください。

 

● 『特別展 東日本大震災復興支援 若冲が来てくれました
プライスコレクション江戸絵画の美と生命』展

 会期:仙台市博物館 3/1-5/6 岩手県立美術館 5/18-7/15 福島県立美術館 7/27-9/2

ホームページ http://jakuchu.exhn.jp/index.html

 

当店在庫の若冲関連書籍一覧はこちらへどうぞ。 

またご不要な、若冲をはじめ江戸絵画の書籍買取いたします。
よろしくお願いいたします。

古書古本買取ページヘ

ページの先頭へ