デザイン| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

**クリスマスにはフンデルトヴァッサー**

こんにちは♪

今日ご紹介するのは、こちらの書籍「フンデルトヴァッサー 人生、絵画、建築」です。

フンデルトヴァッサーといえば、やはりこちらのフンデルトヴァッサー・ハウス。

自然界にはない“直線”は、悪魔の道具であると感じていた彼は、可能な限り直線を避けて建築をつくりました。
フンデルトヴァッサー・ハウスはなんと床も波打っているそうです!
また、外観からも見える木々たちは、「木の同居者」であり、建物の中に根を張っています。

自然を人間の要求に服従させるのではなく、人間こそが自然の法則に適応すべきであるという彼の考えが非常に反映されたフンデルトヴァッサー・ハウス。

住居以外にも、共同空間やテラス、また4つの店舗と診療室があるそうです。
時計も気にせず、ここでのんびり暮らせたら・・・・・・そんな妄想が膨らむ夢の建築です**

日本には、大阪のゴミ処理場とキッズプラザの2つしか
フンデルトヴァッサーの建築がないため、残念ながら暮らすことはできません。

しかし、肩を落とすのはまだ早いです!
泊まれるところ、あります!

ROGNER BAD BLUMAU HOTEL HPより

オーストリアのログナー バート ブルマウ温泉村。
フォルム、色彩、共存する木々、すべてが童話の世界そのもの・・・・・・✧✧

あまりのかわいさに目が眩んでしまいそうです。

屋根にそのまま続いて行く原っぱは、「垂直面は人間に、水平面は自然に」というフンデルトヴァッサーのテーゼを感じ、感慨深いです。
空から見ると、ほとんど原っぱのように見えるのでしょうか。

最後に、第2の皮膚である衣服について。

服は、自らの個性と人格を全面的に表現するためのものだと考えていた彼にとって、
多くの人が取り替え可能なほど退屈な服を着ているのは理解しがたいものでした。

多くの服を自らデザインしていた彼のファッションからは、まさに人となりが分かるといえます。

トレードマークは左右別々のソックス。


また、大きさと高貴さを与えるものと考えていた帽子をいつもかぶっていました。

好きな模様は縞模様。
その理由は「布のシワで、決して直線に見えないから」。
ここでも彼の直線嫌いは健在です。
そして更に、「なんでもかんでもアイロンをかけるというのは病的だ。洗濯はいいが、アイロンはよくない」とも言っています。
おおいに同感です。アイロンは、よくない。

ぶれない男、フンデルトヴァッサー。
彼のような、芯の強い人間になりたいですね*


大掃除、皆様いつからはじめますか?
本の整理は夏目書房にお任せください。
フンデルトヴァッサーの書籍、大歓迎です!

年末は混み合いますので、是非お早めにどうぞ♪

**ポーラ美術館図録 輝きはじめた女たち**

こんにちは*

今日は、ポーラ美術館の図録をご紹介 いたします。

「輝きはじめた女たち 20世紀の化粧と旅」 何とも心惹かれるタイトル……✧✧

こちらの図録、薄手ですが内容がとても充実しております。

図版と文章のバランスがいいので、メークアップの歴史を愉しく学ぶことができます。

はじめてのお化粧はアイメーク、という人も少なくないのではないでしょうか。
そんな、現代では重要視されているアイメークですが、市民権を得たのは20世紀に入ってから。
第一次世界大戦直前にバレエブームを巻き起こしたバレエ・リュスが、つけまつげ、マスカラ、アイシャドーを流行させたそうです。

バレエ・リュスはコスチュームも素敵ですよね☆
ご興味のある方はこちらもどうぞ↓↓↓


牝鹿のまなざし」と言われた新しいアイメークが登場したのは1949-1950年の冬、巴里でした。
アイライナーの登場です。

攻撃的な不自然さをもったアイラインを見て、現代社会の崩壊が今にも起こると予言した人もいたといいます。

ハリウッドでは、フランケンシュタインの花嫁ルックと名づけられました。

アイラインという線が、いかに衝撃的なものだったか窺い知れます。

その頃の日本ではまだ、アイメークは重要視されていません。

メークの歴史のなかで、日本と欧米の比較でもっとも違いがあるのがアイメークだそうです。
確かに、今の日本アイメークは洋服と供に海を渡ってきたものですよね。

着物には、上向きのまつげより憂いを帯びた下向きのまつげが良く似合います。

アイメークの歴史ひとつ取っても、こんなに沢山の情報が載っているこちらの図録。
ご興味のある方は、どうぞ手にとってご覧になってください♪
ボヘミアンズ・ギルドのデザインのコーナーにございます✧

夏目書房&ボヘミアンズ・ギルドでは、様々な書籍の買取をしております。
お売りいただけるものがございましたら、是非ご連絡下さい!

メークやバレエ・リュス関連書籍は大歓迎です♪


**中原淳一の青き夢 入荷しました**

こんばんは。

中原淳一の中で、いちばん好きな画集が入荷しましたのでお知らせいたします♪

青き夢 淳一「少女の友」画集です。

こちらの画集は「少女の友」に掲載された口絵、挿絵がすべて掲載されたものです。
戦前の作品のみで構成された画集というのはこの1冊だけ。

戦後のファッショナブルで力強い女性たちも素敵ですが、
風が吹いたら倒れてしまいそうな儚げな少女たちは、とても愛らしく魅力的です。

そして、なんと言っても、不揃いに生えたやわらかいまつげが息を飲むほどの美しさ。

“やわらかい”という表現が合うのは、戦前の「少女の友」の時代のものだけだと思います。

「それいゆ」の中原淳一しか知らないという方には、是非手に取って頂きたい画集です。

少しセンチメンタルな気持ちにもなれる、秋にぴったりの1冊。

古本まつり期間中ですが、本日は雨で通常営業のボヘミアンズ・ギルドです。
明日からは晴れるようですので、神田にお出かけの際は覘いてみてください**

⁂中原淳一の書籍はこちらからどうぞ⁂

『パロディ、二重の声 日本の一九七〇年代前後左右』展の図録が素晴らしい。

東京ステーションギャラリーで開催中の「パロディ、二重の声 日本の一九七〇年代前後左右」展を観てまいりました。

パロディ、二重の声

横尾忠則「POPでTOPを!」1964頃

オリンピック・ポスター 1964

東京オリンピック・ポスター 1964

手前からピカソ、ルオー、ビュッフェ、リキテンシュタイン、スーラとのことですが、元ネタをよくよく見ると6人目がいちばん奥に顔のみ写っており、横尾さんのポスターにも6人目の顔が描かれているのですが、誰のパロディかよくわかりません。誰でしょう?


会場は撮影可能な部分がたくさんありましたので、一部ですが写真でお楽しみください。

パロディ、二重の声

タイガー立石(立石大河亞)「八紘―宇の富士の山」1964/2016

IMG_0109

ネオダダの中心人物であった吉村益信「豚;PigLib」1994

パロディ、二重の声

原榮三郎「秋山祐徳太子 ポップ・ハプニング『ダリコ』」1970

パロディ、二重の声

雑誌「ビックリハウス」「ビックリハウスSUPER」「SUPER ART」「Super Art GOCOO」壮観です。

パロディ、二重の声

ところどころ立看が置かれています。(ピンボケ失礼)

パロディ、二重の声

このへんの駅貼りポスターは記憶にあります。

パロディ、二重の声

倉俣史朗「Homage to Mondrian #1」1975/Cappellini 2009 モンドリアンモチーフのキャビネット 。

パロディ、二重の声

青島さん!都政が大変なことになっています。いまこそユーモアが必要です!


パロディ、二重の声

長谷邦夫「パロディ・コミック盗作版 色ゲバ」

パロディ、二重の声
左から「バカ式」「アホ式」「マヌケ式」。マイコレクションに加えたい、最高なシリーズです。

IMG_0146

これらの展示はとても充実したものでしたが、私がいちばん押したいのはこの展覧会の図録です。

「パロディ、二重の声」展図録

革装のようなゴージャスな黒光りする表紙に金の型押しタイトル。ハードカバーではあるのですが、ページが手になじむやわらかい紙のため、図録にありがちのすぐにバイーンと閉じてしまうようなことはありません。それがとてつもなく嬉しい。

DSC03287

内容も作品の一つ一つが丁寧に大きく掲載されていて、会場で見落としていた細かい部分まで良く見ることができるのです。むしろ会場より落ち着いて見られる分、見やすいくらいなのです。ページの真ん中に小さく小さく図版が印刷されたような勿体ぶった感じは全然なくて、とても好感がもてるのです。謙虚さとサービス精神をひしひし感じます。

「パロディ、二重の声」展図録

「パロディ、二重の声」展図録

絶対読まない長い論文もなく、解説も適量です。図録自体も女性にやさしい軽量です。

「パロディ、二重の声」展図録

さらに、製本時に人による手作業が必要になるため、最近はついていないことが多い「しおりひも(正式名スピン)」までついています。図録にひもがついてるなんてありそうでなかったと思いますが、いかかでしょう。図録を作った人たちの愛と心配りが随所に感じられるのです。

「パロディ、二重の声」展図録

「パロディ、二重の声」展図録

後半にはパロディ裁判についてくわしく掲載されています。自分の考えを書くことができるメモ欄にかなりのページが割かれています。そこがいい!世の中には無駄なことなどないということでしょう。また、追加で萩原朔美さんと清水義範さんのインタビューも2本掲載され、立看のことばもすべて収録されてたったの2000円ポッキリ!書店に流通する書籍では実現不可能な低価格!(一般の書店では販売しないという条件で、作品の図版の使用料が安く設定されているため)。お得としか言えない!おもわず5冊くらい買いたくなってしまいます。図録は売り切れてしまったら再版などはほとんど期待できません。一期一会なのです。売り切れたら最後、内容の良い図録は古書価格が高騰してしまいます。この図録は展覧会を観ずに買うことができません(ミュージアムショップのみへの入場が不可のため。通販は可能。)。是非会場へ足をお運び下さい!あ、図録買ったらレジでポスターももらえました。


パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右

会期:2017年2月18日(土)―4月16日(日)

【休館日】
3月20日をのぞく月曜日、3月21日
【開館時間】
10:00 - 18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館30分前まで
【入館料】
一般900(800)円 高校・大学生700(600)円 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
【主催】
東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)
【特別協力】
Special Cooperation with Cappellini Point Tokyo_Team Iwakiri Products

**京都・一条妖怪ストリートに行ってきました**

こんにちは!

桜の季節ですね、みなさまお花見の予定はございますか?

私は先日、つぼみの桜が広がる京都に行ってまいりました。

夏目書房で働いていた大西君が現在京都在住なので、
いろいろと面白い所に連れて行ってもらいました。

そのなかでも、特に楽しかったのが百鬼夜行の通り道として知られる大将軍商店街。
またの名を妖怪ストリート。

風に棚引くかっこいい旗に心が躍ります。

入ってすぐに妖怪がいるのかと思いきや、すぐには見つからず。

ふとお店の中を覗くと……

お茶を運ぶぬらりひょんと、急須顔のカラス天狗が
ひかえめに並んでいました。
目を凝らしていないと見逃してしまいますね。
見つける楽しさ再確認です☆

ストリート進んで行くと、続々と妖怪たちが!

すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
お店で売っているものが妖怪になっているんです!

これこそが付喪神!心がほんわか、あたたかい気持ちになりました**

「飛び出しぼうや」ならぬ飛び出し妖怪たちも各所に。
三番目の子は何の妖怪なのでしょう。
妖怪ラーメンがあるお食事処の前なので、ニンニク?
口のかたちは扇のようなイチョウのような。

片足靴で、片足草履というのも個性的でイカシテいますね。

ストリートのなかでも、いちばん目を引いたのが「京都魚苑」のこの子。

お店の入口中央には、巨大なおさかなくんがおり、下には金魚ちゃんも。↓↓↓
にもかかわらず、こちらの妖怪は魚ではなく、どこかの国の中年女性風恐竜。
しかも妙に似合っています。

もう一人の妖怪も、やはり魚ではなくうさぎ豚。
どういう経緯でこのお店にきたのでしょうか。謎は深まります。

余談ではございますが、
この子に似たおじさんがでてくる漫画があったのですが、思い出せずに悔しいです。
分かる方はボヘミアンズ・ギルドにご一報頂けますでしょうか。

このように、とっても楽しいすてきな商店街でした。
夏には妖怪仮装行列が開催されるようなので、
随時ホームページをチェックしていきたいと思います。

妖怪関連書籍はこちら

百鬼夜行関連書籍はこちら

妖怪ストリートに興味を持たれた方には、こちらの書籍をおすすめいたします☆

夏本番。 浴衣のお洒落は華宵・夢二に学べ**

こんにちは!

世間は夏休み、街に人が溢れていて驚きました。

夏と言えばお祭り、お祭りと言えば浴衣

浴衣のお洒落は、抒情画から盗みませう♪

なかでも、高畠華宵の描く着物姿の女性のハイセンスな着こなしは必見でございます。

華宵デザインの「華宵浴衣」が販売され
今まで室内着だった浴衣が、お出かけ着としても着れるように。

ザ・浴衣の色合いである白地に紺の模様ですが、
旅館で着るようなものとは一線を画する、お洒落でハイセンスな模様です。

白地に紺の浴衣は、質のいいものでないと室内着に見えがち……
なので、抒情画で参考にしやすいのは、浴衣でなく着物のコーディネートかと☆

奇抜な柄は苦手、やはり古典模様じゃなくっちゃ嫌ぁよ、
という方は夢二式美人をどうぞ。

夢二は、西洋柄の着物を「カーテン」「西洋人の履き物」のようだと言い
古典柄を愛しました。

夢二の着物は、縞模様が多いですよね。


これから浴衣を買おうかなと思っている方、是非抒情画を見てからお買いものに~♪

*高畠華宵関連書籍はこちらから*

*夢二の関連書籍はこちら*

**ぽち袋からしゃれ紋を学ぶ**

こんにちは。

只今ボヘミアンズ・ギルドに、とても可愛らしい本がございますのでご紹介を♪

❁新雛形ぽち袋 しゃれ紋・歌舞伎・変わり折り❁

こちらの本、可愛いだけじゃないんです♡
紋の種類や由来について、とても分かりやすく説明されている優れた一冊。

今日は、その中で私が惹かれた粋なしゃれ紋をいくつかご紹介いたします。


まずは・・・
❁裏紋❁
一見すると普通のお花の紋に見えますが、よく見ると中心がガク!
「裏側」にもう一つの美しさを見出す。
なんとも日本人らしい発想から生まれたしゃれ紋です。

❁かくれ紋❁
円の中からちらっと顔をのぞかせているのは撫子の紋。
解説には「
奥ゆかしいのぞき紋にふさわしいモチーフ」と書かれております。
まさに大和撫子✧

❁瓢箪❁
しばしば見かける瓢箪模様。
豊臣秀吉も馬印にしていました。

その意味は・・・
「六つの瓢」→「むびょう」→「無病」とかけた縁起担ぎでした(秀吉は千ですが)。

日本の模様にはこういった縁起を担いだものが多いですよね。
気になる模様、調べてみたら素敵な意味があるかも✧

そして最後に、待ち遠しい季節・春のぽち袋を❀

桜の花びらを、蝶の羽に見立てた飛蝶桜です。
なんて軽やかで可憐なんでしょう!

何とも、しゃれ紋の名に相応しい見立てですね。

みなさまも、ぽち袋からしゃれ紋を学んでみては如何でしょうか♪

**ロマンとの遭遇 小松崎茂  +山川惣治**

こんにちは!

小松崎茂の「ロマンと遭遇」が入荷いたしました!

懐かしきあの頃の、少年たちの夢――

小松崎茂の絵に心が躍らない少年がいるでしょうか!

個人的には、戦闘機や飛行機よりよりも、未来予想図のイラストが断然好きです!
空飛ぶ車や空飛ぶ電車、あのスピード感がたまりません。

そして、未来予想図に多様される青-水色-白。
“近未来都市”というと、きっとほとんどの人がこの色合いを連想するはず。
それはやはり、小松崎茂のイラストの影響なのでしょうか。

胸が高鳴るカラーです☄

現在のマンガの役割を果たしていた絵物語ですが、その文字と絵の比率に驚かされます。
マンガが絵8 文字2だとしたら、絵物語は絵1 文字9です。
これを娯楽として育った子どもたちは、活字に強くなりますよね!
子育て中の方、マンガの間に絵物語を忍ばせておきましょう。


山川惣治は、お馴染みの「少年ケニヤ」全20巻揃でございます。

そしてもう1点、かっこいい虎が描かれた色紙も。
今にも飛び出してきそうな迫力です!


さあ皆さん、冒険に出かけましょう!♪


書籍・美術品等の買取ご希望の方はこちらをご覧ください♪

**新入荷 内藤ルネ 恋人形写真館**

こんにちは。
今年もはじまりました古本祭!

本日初日、平日にも関わらず神保町は大賑わいです♪

そんな中、夏目書房&ボヘミアンズ・ギルド両店より新入荷のお知らせです!


**内藤ルネ「恋人形写真館」**

中原淳一「ジュニアそれいゆ」で活躍していた内藤ルネ。

静岡に内藤ルネ人形館(閉館)を開くほどの人形のコレクターでもありました。

19世紀にヨーロッパで流行したビスクドール。

この「ビスク」という言葉、フランス語の「ビスキュイ(二度焼き)」が語源で、ビスケットと同じなんです♪
お菓子のにおいがしてきそうな可愛らしいお人形さんにぴったり!(ビスケットが語源なわけではなく「二度焼き」なんですが、そこは大目に見て下さい♡)
現在ではアンティークドールと呼ばれることの方が多いお人形さんたちですが、
この語源を知ってしまったらビスクドールと呼ばずにはいられませんね♡


ジュニアそれいゆはこちらからどうぞ♪

(現在在庫の商品は、表紙がすべて中原淳一です。)

その他ルネちゃん関連書籍は特集が組まれているプリンツ21のみです。
背景のイエローが小麦色の肌をさらに魅力的に見せているこちらの表紙は、個人的にお気に入りです。
水木一郎さんのようなスカーフのなびき方が素敵。


内藤ルネの書籍をお持ちの方、処分をお考えの方は、夏目書房orボヘミアンズ・ギルドまでどうぞ♪

特に、このアングラちっくな絵柄の画集等お持ちの方は、是非ボヘミアンズ・ギルドまで!

書籍の買取ご希望の方はこちらをご覧ください♪

**エルテ、そしてジョルジュ・バルビエ**

アール・デコの代表作家・エルテの版画額が入荷いたしました♪

こちらのタイトルは「くもの糸」。
蜘蛛の糸をハンモックにして、女性がお昼寝中。○

バックの水色と、大木のオレンジ色のコントラストが美しいです。
枝の先の〇と下部の曲線で、水の中のようにも感じる幻想的な作品。

かなり無理な体勢なので、女性が黒人の男性に捕えられているようにも見えますよね。

「帽子の女」

白い画面につばの広い帽子を被った女性。そしてその周りを濃紺の円が囲みます。
まわりにお花が舞うことで、雰囲気がぐんと柔らかくなりますね。

明るい画面の中に突如現れる黒い円……
全然タイプは違うのですが、酒井抱一の「月に秋草図屏風」を思い出しました。


そしてもう一点「Mother of Pearl」。

真珠の母です。神々しいですね。真珠は女性の美の象徴であり、守護のパワーの強い石。
お誕生日が6月の方、こちらの作品お部屋に飾ってみては如何でしょうか。
誕生石パワーで貴女を守ってくれますよ✧✧

エルテは1920年代、ジョルジュ・バルビエとともに舞台や映画の衣裳、舞台装置のデザインを手掛けています。

エルテと比べて柔かな印象のバルビエ。バルビエのほうが乙女寄りな感じですよね♪


残念ながらバルビエの書籍は少なく、現在在庫がございません。
お持ちの方、処分をお考えの方は、夏目書房orボヘミアンズ・ギルドまで♪
もちろんエルテも大歓迎です!

書籍の買取ご希望の方はこちらをご覧ください♪

次のページ →

ページの先頭へ