神保町ファインアーツ| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

第17回企画展「難波田龍起と難波田史男」開催中 神保町ファインアーツ

神保町ファインアーツ 第17回企画展、
「難波田龍起と難波田史男」のお知らせ。

難波田龍起と難波田史男展
神保町ファインアーツでは7月1日より、
画家・難波田龍起とその次男・難波田史男の企画展を開催しています。
難波田展示

難波田展示2

難波田展示3

難波田展示4

難波田展示5

難波田龍起は詩人・彫刻家の高村光太郎との出会いをきっかけに、彼の生き方や芸術観に非常に強い影響を受け、絵画の道を志すようになりました。
龍起の幾重にも重なる旋律のように微妙に変化する色調は、フーガやカノンといった音楽にたとえられることもあります。高村光太郎はそのような龍起の絵について「彼の色調には「触覚」が感じられる」と表現しています。
一方、若くして亡くなりましたが近年その唯一無二の自由な絵画に再評価が高まっている難波田龍起の次男、難波田史男。
わずか15年ほどの短い活動期間ながら、自己の内面を見つめ、また時代や社会の現実とも真摯に向き合うなかから生まれた作品は、繊細でありながら透徹した史男の感性を瑞々しく伝えています。
父・龍起の絵画が音楽にたとえられているように、史男もまた文学や音楽を糧としながら独自の表現を求め、彼の絵画の「自由」の源を感じさせます。

今回の展示では、親子であるふたりの絵画を展示し、比較ではなく共通や共鳴を感じていただけたらと思います。

『難波田龍起と難波田史男』
会期: 2016年7月1日(金)〜 2016年7月29日(金)
展示作家: 難波田龍起/難波田史男
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

『具体ノ版画』展開催中です。神保町ファインアーツ

DM 32-1024x693

こんにちは。ひな祭の今日、いよいよ春の息吹が感じられますね。
神保町ファインアーツでは今月1日より『具体ノ版画』展を開催しております。


「人の真似をするな。今までにないものをつくれ」

『具体美術協会』は1954年に吉原治良の下に集まった17人の関西の
若い前衛作家たちにより結成されました。
会の名称は「精神が自由であることを具体的に提示したい」
という言葉にちなんでいます。
彼らは美術世界の歴史を踏襲することなく、
完全にオリジナルな作品を創造することを熱望し行動します。
当時では珍しいインスターレーションやパフォーマンスを行い、
機関紙「具体」の発行、展示施設「グタイピナコテカ」設立など
独自の活動を精力的に行い、
保守的な国内より海外で高く評価をされてきました。
現在国内外で日本の戦後美術が再評価される動きが顕著となっており、
「もの派」と同様に「GUTAI」も重要な美術の動向として、
あらゆる角度から再検証が行われています。

当ギャラリーでは具体作家たちの版画作品を中心に展示を行います。
作品はすべて販売致します。また関連書籍もご用意しております。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。

『具体ノ版画』 神保町ファインアーツ
会期:2016年3月1日(火)~3月29日(火)
展示作家:吉原治良/上前智祐/松谷武判/前川清/元永定正/森内敬子/名坂千吉郎など


われわれにとって最も大切な事柄は現代の美術が厳しい現代を生きぬいていく人々の
最も開放された自由の場であり自由の場に於ける創造こそ
人類の進展に寄与し得る事であると深く信じるからです。(吉原治良の言葉より)

神保町ファインアーツにて第12回企画展「フルクサスとコンセプチュアルアート」開催中です。

神保町ファインアーツでは、2/1(月)より第12回企画展「フルクサスとコンセプチュアルアート」を開催しております。

1960年代を代表する芸術運動のひとつであるフルクサス。

美術・音楽・詩・舞踏など幅広い芸術ジャンルにまたがり、枠に囚われない活動をしました。
本展示では、フルクサスの中心人物ジョージ・マチューナスが制作した「フルクサス新聞」や、マルチプル作品集「SMS」のほか、ジョン・ケージ、ヨーゼフ・ボイス、ナム・ジュン・パイクなどの作品を展示いたします。


フルクサス新聞


SMS

SMS Vol.1


また、「ワードアート」と呼ばれるジェニー・ホルツァーの作品を中心に、コンセプチュアルアートの作品も併せて御覧いただけます。

ジェニー・ホルツァー版画集「AKA A Suite Of Five Etching」

ジェニー・ホルツァー版画集「AKA A Suite Of Five Etching」


展示する作品はすべて販売も致します。
関連書籍も多数ご用意して、皆様のご来店を心よりお待ちしております。


『フルクサスとコンセプチュアルアート』
会期: 2016年2月1日(月)〜 2016年2月27日(土)
展示作家: フルクサス/ジョン・ケージ/ヨーゼフ・ボイス/ナム・ジュン・パイク/靉嘔/ジェニー・ホルツァーほか(順不同)
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

第11回企画展「版画家・山本容子」開催中 神保町ファインアーツ

新年明けましておめでとうございます。
今年も神保町ファインアーツをよろしくお願いいたします。

2016年最初の展示として版画家・山本容子の作品群を展示しています。

jfa1

jfa4

jfa3

山本 容子 -

1952年埼玉県生まれ、大阪育ち。京都市立芸術大学西洋画専攻科修了。
都会的で軽快洒脱な色彩で、独自の銅版画の世界を確立。
絵画に音楽や詩を融合させるジャンルを超えたコラボレーションを展開、数多くの書籍の装幀、挿画をてがける。
「山本容子の美術遊園地」展は全国10カ所の美術館を巡回。さいたま市・鉄道博物館のステンドグラス、『不思議の国のアリス』をモチーフにした東京メトロ副都心線新宿三丁目駅のステンドグラスとモザイク壁画を制作。
現在は、新たなライフワークのひとつとして「ホスピタル・アート」絵の持つ癒しの力を医療現場、病院にも役立てたいと願い、幅広い分野で創作活動を展開。
近著に、『アリス!絵で読み解くふたつのワンダーランド』『アリスの国の鏡』(講談社)、『京都遊び三十三景』(朝日新聞出版)、『山本容子のアーティスト図鑑100と19のポートレイト』(文藝春秋)がある。

公式ホームページ
http://www.lucasmuseum.net/

軽妙な絵に加え、暖かな色彩で独自の版画作品の世界を確立されている山本容子氏。
年代性別問わず愛され続け、また、制作現場も自身のアトリエのみならず「ホスピタルアート」と呼ばれる医療機関の壁画に絵を施す試みもされています。

本展示の目玉は、「世界文学全集」と「マノン・レスコー」の挿絵として描かれた油彩作品。

jfa7

jfa8

jfa5

162×130という大型作品ということもあり、今回の展示以外ではなかなかお見せすることが出来ませんので

この機会に是非、皆様にご覧頂きたいと思います。


モノクロや単色使いの版画(シート)も多数展示しております。

jfa2

jfa6

暖冬とはいえ寒い日が続きますが、山本容子の作品で暖かな気分になっていただければと思います。

ご来場心よりお待ちしております。

『版画家・山本容子』
会期: 2016年1月6日(水)〜 2016年1月29日(目)
展示作家: 山本容子
会場:神保町ファインアーツ
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

第9回企画展「日本の抽象芸術」 神保町ファインアーツ

こんにちは、
過ごしやすい秋も去りいよいよ冬がやって参ります。
神保町ファインアーツでは11/6より『日本の抽象芸術』の展示を開催しています。

jfa1

jfa2

抽象芸術ってどんなイメージをお持ちですか?
一般的には具体的なものなどを描き出したのではない芸術、でしょうか。

具象に相反するといわれる抽象ですが
その判断はおもに作品を制作した作家の意図に委ねられています。
どんな作品も、その一点において抽象主義作品となりえるのです。

今回ご紹介するのは
静謐な詩情を湛えた難波田龍起、
コラージュ、アッサンブラージュ、オブジェ、彫刻など枠にとらわれない制作をした菅創吉、
代表的な彫刻作品「うつろひ」シリーズで知られる宮脇愛子、
力強いタッチの構図と色彩が特徴の須田剋太、などの作家達です。
「日本の抽象芸術」として展示されるこれらの作品を、
頭で理解するのではなく感じる事をテーマに
曇りなき眼で体感していただければ幸いです。

今回の展示では、50-60年代に活動していた作家達の作品を一挙公開しています。
有名無名の作家を取り揃え、簡単なプロフィールもあわせて紹介させていただいていますのでじっくり御覧ください。

jfa9

小さな立体作品やシートもございます。

jfa6

jfa7

神保町も寒くなってきましたので、今回は暖色溢れる空間でお待ちしています。
お散歩がてら是非お立ち寄りください。

jfa8


『日本の抽象芸術』
会期: 2015年11月6日(金)〜 2015年11月28日(土)
展示作家: 難波田龍起/富岡惣一郎/山本弘/生野敬明/菅創吉/出光孝子/水谷勇夫/山本正/宮脇愛子/須田剋太/赤穴宏(順不同)など
会場:神保町ファインアーツ
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

神保町ファインアーツにて「瀧口修造とその周辺」展を開催中です

神保町ファインアーツでは、10月1日より第8回企画展として
「瀧口修造とその周辺」展を開催中です。


戦前の日本におけるシュルレアリスムなどの前衛芸術を牽引。美術評論や訳本を数多く残し、自らも前衛的な詩や絵画を制作するなど
幅広い活躍をした瀧口修造。

海外のシュルレアリスム作家とも盛んに交流しており、
多くの共同制作による詩画集をつくりました。


本展示では、瀧口自らによるペインティングやデカルコマニーのほか
彼と交流の深かったマルセル・デュシャンやジャスパー・ジョーンズなどの作品を展示。

また最初の詩画集である「妖精の距離」や、「デュシャン語録」「地球創造説」の特装版など、
稀こう本や珍品、各種関連本も取り揃えました。

瀧口修造が遺した膨大な仕事を一堂に会した本企画は
まさに古書店によるギャラリーならではの展示となっております。
是非お気軽にお立ち寄りくださいませ。

*       *       *        *       *

会期: 2015年10月1日(木)〜2015年11月3日(火)
展示作家 :瀧口修造ほか
会場:神保町ファインアーツ
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の左2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

矢野

第7回企画展「池田満寿夫 Prints & Trump」 神保町ファインアーツ

おはようございます。

傘を買えば雨は止み、傘を置いていけば雨が降る。
そんな不安定なお天気のまま、9月に突入してしまいました。

神保町ファインアーツでは、9/1(火)より第7回企画展として「池田満寿夫 Prints & Trump」を開催致します。

版画家、画家、彫刻家、陶芸家、エッセイスト、映画監督など多彩な顔を持つ池田満寿夫。今回の企画展は、最も作品数の多い版画作品を中心に展示・販売しております。

池田満寿夫は、1956年に日本の前衛美術の先駆者である瑛九に見出され版画の道へと進みました。

その1年後の東京国際版画ビエンナーレ展の入選をきっかけに、次々と国内外の賞を受賞。1965年、ニューヨーク近代美術館で日本人初の個展を開催するなど、世界的に活躍しました。

エロスの作家と言われ官能的なイメージがありますが、その作風は年代によって大きく異なっています。

今回の展覧会では、1960年代から1990年代までの様々なタイプの版画作品をご覧頂けます。

こちらはトランプの原画。
優れた色彩感覚と抜群の造形センスです。
作品を元に作られたトランプも合わせてご覧頂けます。

また、池田満寿夫は書籍もかなりの数が出版されています。
こちらは豆本。
左の「かぐやひめ」は銅版画が10図入。
右の「豆本因縁噺」には版画はございませんが、木製ペーパーナイフが何とも可愛らしく、小さな木函との相性抜群です。

作品集や展覧会図録などもございますので、お手にとってご覧くださいませ。

昭和43~46年に美術出版社より発行された「季刊版画」。
創刊号の特集は池田満寿夫。
限定版は版画入です。


2号の特集は、8月にファインアーツで展示をしていた野田哲也


現存の枠にとらわれず生涯内なる欲求に従い、探究心を持ち続けた作家・池田満寿夫をご堪能下さい。

会場:神保町ファインアーツ
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

第6回企画展「野田哲也」 神保町ファインアーツ

こんにちは。
8月はもはや夏の終わりのニオイがします。

8/1(土)より、神保町ファインアーツでは
版画家・野田哲也の作品の展示・販売を開催します。

野田哲也 版画家
1940年 熊本県生まれ
1968年 初めて出品した東京国際版画ビエンナーレで国際大賞を受賞し、
一躍注目を集める

野田哲也氏といえば、国際的にも高い評価を受けている「日記シリーズ」という作品で知られていると思います。

「日記シリーズ」は、1968年に奥様のドリット夫人との出会いより始まり
今日も継続して創作している、多色刷り木版と写真をベースにシルクスクリーンというユニークな組み合わせを手漉き和紙の上に表現した作品です。
「日記(Diary)」という名の通り、作品のタイトルはすべて日付です。

野田哲也

ベースとなる写真は必ず自身で撮影し、
撮った写真はそのまま使用しているわけではなく、中心となる被写体の背景は排除したり、モノクロでプリントしてあるものに独自に色を加えたりと自分の表現で作品を生みあげていきます。

これは写真の「レタッチ」と似ていますね。
レタッチというと、肌をきれいにしたり色を変えたり、ないものを持ってきて合成したりと一般的には虚像のようなマイナスイメージがあると思います。
ですが、作品というものは「見たそのまま」ではなく「自分の眼に映った世界」あるいは「見たい世界」を表現するものだと思います。
(創作をする上で自分のルールやプライドが無いこととは違います)

野田氏も、このような不必要なものを排除したり色を乗せることを
「料理」と呼んでおり、自身の作品については
現実的な配置のなかにどれだけ抽象的な要素を盛り込めるかということを見せたい
と語っています。
自分の求める味を追求することが創作なのだと感じます。

話がやや逸れましたが、
当展示では、当ギャラリーが所有する「日記シリーズ」14点の展示・販売を致します!

野田哲也

人物・家具・食物・植物・・・
多種多様なモチーフがありますので、ひとつひとつの表情や色、技法をじっくり見ていただきたいです。

野田哲也

「第6回展示企画 版画家 野田哲也」
会期: 2015年8月1日(土)〜2015年8月29日(土)
展示作家 :野田哲也
会場:神保町ファインアーツ
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の左2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

野田哲也WEB用2-1024x739

ユニークかつミステリアスな野田哲也作品群を
この暑い神保町を散策がてら是非ご覧ください。

第5回企画展「Color of Form~ミニマル・アートを中心に~」 神保町ファインアーツ

DSC00758

どうも、こんにちは。櫻井です。

神保町ファインアーツでは、7/1(水)より第5回企画として「Color of Form~ミニマル・アートを中心に~」を開催いたします。

ミニマリズムとは、そのものに入り込む要素を最小限にまで削ぎ落とした態度や表現のことをいいます。

DSC00725
曖昧さを徹底的に排除することで、全ての鑑賞者に同じ印象を与える、純粋かつ極限の芸術としてのスタイルです。

DSC00741

1960年代のアメリカで、抽象表現主義への批判から生まれたミニマリズムのシンプルで無機的な様相は、ファッションや音楽、建築までひろがりをみせ、時代の気分に寄り添いました。

DSC00687
今回の展示ではミニマリズムの旗手ともいえるドナルド・ジャッドからコンセプチュアル・アートの先駆者としても知られるソル・ルウィット、多様な創作を行うブルース・ナウマンエルズワース・ケリー、彫刻家ルイーズ・ネヴェルソンロバート・マンゴールド、オプ・アートブリジット・ライリーなどを展示販売致します。

7/29まで開催しています。皆様のご来場心よりお待ちしております。

DSC00738

Color of Form~ミニマル・アートを中心に~  会期: 2015年7月1日(水)〜2015年7月29日(水) 展示作家: Donald Judd/Ellsworth Kelly/Sol Lewitt/Robert Mangold/Bruce Nauman/Louise Nevelson/Bridget Riley他

会期: 2015年7月1日(水)〜2015年7月29日(水) 展示作家: Donald Judd/Ellsworth Kelly/Sol Lewitt/Robert Mangold/Bruce Nauman/Louise Nevelson/Bridget Riley他

Color of Form~ミニマル・アートを中心に~

会期: 2015年7月1日(水)〜2015年7月29日(水)
展示作家: Donald Judd/Ellsworth Kelly/Sol Lewitt/Robert Mangold/Bruce Nauman/Louise Nevelson/Bridget Riley他

「もの派周辺とモノクローム展」開催!

神保町ファインアーツでは、いよいよ6/1(月)より「もの派周辺とモノクローム」展を開催いたします。

もの派とは1960年代末頃から1970年代中頃まで続いた日本の現代美術の大きな動向のことで、

未加工の自然的な物質・物体(石、木、紙、綿、鉄板、パラフィンなど)を、素材としてではなく主役として登場させ、モノの在りようやモノの働きから直かに何らかの芸術言語を引き出そうとしました。それまでの日本の前衛美術の主流だった反芸術的傾向に反撥し、ものへの還元から芸術の再創造を目指しました。

もの派の代表的な作家として、菅木志雄・李禹煥・関根伸夫らを取り扱います。

菅木志雄立体作品「Work」

一方でモノクローム絵画とは、その名の通りモノクローム(単色)で描かれたシンプルな絵画のことです。

一見すると無表情で個性を欠いた面白みのない絵画のように見えるかも知れませんが、実際に間近で見ると微妙な色の濃淡や厚薄があり、作家ごとに様々な異なる意図・技法により描かれているなど、実に多彩で豊かな表情を見せてくれます。

シンプルで冷たい印象とは裏腹に、非常に味わい深くその奥底からはものすごい熱量を感じる絵画です。

今回は村上友晴・文承根・因藤壽などの作品を選りすぐりました。

image

両者ともその簡素な外見とは異なり、内面には膨大なエネルギーを孕んでいる作品たちです。

実際に鑑賞していただき、作品の奥底に込められた力強さを肌で感じてみてください。

image image

会期: 2015年6月1日(月)-2015年6月28日(日)

展示作家: 因藤壽,上前智佑,榎倉康二,海老塚耕一,岡崎乾二郎,川俣正,菅木志雄,関根伸夫,原口典之,村上友晴,文承根,吉澤美香,李禹煥ほか(五十音順)

詳細は神保町ファインアーツHPにてご確認ください。

どうぞお気軽にご来店くださいませ!

次のページ →

ページの先頭へ