2011 11月| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

植田正治写真集 軌道回帰入荷!

どうも。

本日は植田正治の写真集「軌道回帰」が入荷しましたのでお知らせいたします。

人をオブジェのように配する構図、逆に物を擬人化する植田正治の良さが改めて伝わってくる写真集です。
署名・落款が入っておりで62枚のシートも全て揃っています。

是非この機会にご覧ください。

植田正治 軌道回帰

植田正治 軌道回帰

植田正治
1986年/限1000 ペン書書名・落款入 ポラロイド、35㎜フォトアルバム計62枚入 筒函 3冊組

ご注文はこちらから

img011

img013

img014

img016

img012

img015

img017

img019


ご注文はこちらから

本日も新入荷商品がたくさんです!赤瀬川原平、ゲルハルト・リヒター、ベーコンなどなど…

夏目書房HP 新入荷一覧

今回ご紹介植田正治の写真集やオリジナル・プリントはもちろん、
国内外の美術書・写真集・現代アートなどなど高価買取いたします。
詳しくはコチラから

川俣正の著作・関連書籍たくさん入荷しました。

どうもこんにちは。

現代アーティストの 川俣正の著作・関連書籍がかなりまとまって入荷しましたのでお知らせです。

川俣正全部。

川俣正という名前はもちろん知っていたのですが、知っていたのは名前だけだったのでこの機会にちょっと調べてみました。
こんな方です。

川俣正。

北海道三笠市出身。28歳でヴェネツィア・ビエンナーレの参加アーティストに選ばれ、その後もドクメンタなど、世界的に高い評価を獲得し続け、2005 年には、横浜トリエンナーレの総合ディレクターを務めたそう。東京芸術大学の教授を経て現在はフランス、パリ国立高等芸術学院の教授なんだそうです。既存の美術表現の枠組みてを超えていく試みを実践し、建築や都市計画、歴史学や社会学、日常のコミュニケーション、あるいは医療にまで及ぶ分野とかかわり、海外でもっともよく知られている日本人アーティストのひとり、なんだそうです。

とまぁ、プロフィールはこんなかんじなんですけれども、
作品がすごい。
 
たとえばこんなのや…
川俣正 なだれ?
 
こんなの…
川俣正 材木。
 
 そしてこんなのも…
川俣正 協会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
廃材を建物の内外に張り巡らせたり、協会に椅子を積み上げて巨大な回廊を作ったり、巨大な鉄塔を作ったり…
そんなかんじのインスタレーション、プロジェクトを展開しているようです。
 

今回そんな川俣氏の初期プロジェクトの「テトラハウス・326プロジェクト」や十年にも及ぶ「コールマイン田川」の資料・カタログ、海外での展覧会カタログ、著作などがとても充実してまして
こんな充実ぶりは、ピカソでない限り、めったにないのでいくつかご紹介します。 

川俣正 Slip in 所沢: A Gapped House in Tokorozawa 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川俣正 Slip in 所沢: A Gapped House in Tokorozawa

Tadashi Kawamata

1984年/テトラハウス 
 
川俣正 Tetra House N-3 W-26 Project

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川俣正 Tetra House N-3 W-26 Project

Tadashi Kawamata

1986年/On the Table 英語版

 

 

川俣正 Work in Progress in Zug, 1996-1999

 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川俣正 Work in Progress in Zug, 1996-1999

川俣正 Tadashi Kawamata

2000年/Hatje Cantz 英独語版
 
 

川俣正 Tadashi Kawamata. Bridge and Archives

 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川俣正 Tadashi Kawamata. Bridge and Archives

2003年/Kerber 独語版

川俣正コールマインプロジェクト1996-2006

 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
川俣正コールマインプロジェクト1996-2006 Tadashi Kawamata Coalmine Project 1996-2006

川俣正、山口祥平

2009年/アート印刷株式会社 限400 日・英語版 裏表紙少剥がれ

 

通路

 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通路

川俣正

2008年/美術出版社 ペン献呈署名 初版 カバー 帯 

 
 
 
 

HPとくしゅう

 
❏HPで特集も組みましたので在庫一覧はそちらからもご覧いただけます。
 
 
 
 
 
「HP特集:川俣正 Tadashi Kawamata」 
 
 
 

個人的にはほとんど知らなかった川俣さんの全体像をつかむのになかなか苦労しまして、しかし、
なんとなくだんだん知っていくと川俣さんのプロジェクが人と人のかかわりの中から立ち上がっていくプロセスやそれに関しての川俣さんの考えみたいなものが
とても面白くて、特にというわけではないんですけれど「通路」の中でドキュメンタリー作家の佐藤真氏との対談が収録されてまして、ドキュメンタリーのフィクション性の中のリアリティ(?)みたいな話題になるんですがそのなかで川俣さんが、
アントニオ猪木が試合が白熱するとマイクをつかんで相手に「本気出すぞ!」っていって「じゃあ今までなんだったの?」ってなるんだけどついついでちゃう本気、その一瞬の輝きがリアリティ、
っていっていた話(違ったらスミマセン)がおもしろかったです(川俣さんはけっこうプロレスが好きらしいです)。おわり。

毎回も恒例ですが
ただ今夏目書房では現代アートや写真集の買取を強化中です。
アーティストの作品も買取いたします。
買取は当店までご相談ください。
。全部川俣正

 

 

 

 

 


 
 
「HP特集 川俣正 Tadashi Kawamata」

スリップにしてみました。

どうもこんにちは。

古書店でよく見る値札
ウチでももちろん使ってるんですけれど
その値札ををスリップにしました、というお知らせです。

値札は商品管理でどうしても必要なんですけれど、
商品に糊づけしなくてはいけないので実はとても悩ましく
実際にお客さんからもご指摘といいますか、ご注意というか、

「あのさ、改善してくんない?」

みたいなご意見も頂戴しておりましたので
まあなんとなくそんな機会でしたので、
スリップにしてみました。 
 
 
 

img552

△これがそのスリップ
 
 
 

 
 
 
ココのまんなかのテンテンで折り返してに挟みます。

 

 
 
 
 
 
商品の情報を記すスペースが広く
今はまだなんとなく手持ち無沙汰。
もしかしてメッセージとか、書いちゃったりして

 
 
このスリップ、真ん中のテンテンでちぎれるようになっていて
半分はお店に、残りの半分は
お客さんの手元に残ることになりますところのこの部分に
買取のご案内がありますので
何かございましたら当店までご連絡くださいませ。
 

学術書から美術書・美術品の買取のご相談は当店まで!


 
現代アート・写真関係は買取強化中です!
あと中国関係の美術書・美術品もございましたらご連絡くださいませ。

 
(そーいえば古本屋の値札って一般的になんて言うのかなと思って、
ちなみにウチではただ「フダ」って言ってますけど、
古書店」「値札」で検索してみたら
古書店」の「値札」をどうやってきれいに剥がすかっていう質問とかばっかりでした。アララ)

今日の新入荷は下の写真から。

t

 
 
 
 
 
 
 
 
 
(連続改行ができるようになりましたー!)

もうすこしおまちいただけませんか?

これらは段ボールの箱です。

いま店の1Fカウンターの中にこのように段ボールのが20ほど積み重なっています。
先日お客さんのお宅に買取でお伺いし譲っていただいたもので
中身は美術書中心のとても内容のいいものらしいです。

らしい、といいますのはわたしはの中を確認していないのです。
なんで確認していないかというと、それまでのお店にある未整理・未処理の本の山が片付かないと
このの中は見せられないと言うのです。

そう言ったのは社長の息子で、それを決めたのもその息子です。

実際にわたしもの中が気になって開けようとしてその息子に怒られました。
社長も
から本を出そうとしてその息子から叱られ
しぶしぶ他のことをしていました。

そんなこんなでしたが
そのそれまでの本たちが明日には片付きそうです。


なので
みんなが帰ったあと
勝手に開けて見てみることにしました。
わたしは明日店には来ないのです。

写真をとったほうが伝わりそうですが、ちょっと手間なので…。

適当にいくつかの中を覗いてみると

李禹煥
フルクサスイリヤ・カバコフデ・ステイルネオダダオノ・ヨーコモダン・デザインナムジュン・パイクジョン・ケージ、具体、川俣正


といったカンジで
現代美術や前衛美術のカタログ、作品集、読み物、雑誌がとても充実していて、これは楽しそうです。
デザインや写真もあるようです。

明日にはお店に出し始められそうなのでご期待ください!

新入荷から随時ご覧いただけますが
息子ブログスタッフブログツイッターでもご紹介すると思いますので
よろしくどうぞ〜。

あとあと
国内外の現代美術・写真・デザインなどなど
買取強化中ですので是非ご相談ください!

(あとこのブログ、アップするとフォントがバラバラになるのは何故なんですか?)

ページの先頭へ