2012 8月| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

原弘 グラフィックデザインの源流/紙の本 入荷しました。

どうも。

本日は原弘の商品が入荷しましたのでお知らせいたします。

原弘は昭和期に活躍したグラフィックデザイナーです。日本を代表するグラフィックデザイナーで、特に装幀は高く評価を受けていて、美術評論家の勝見勝原弘を『ブックデザインの天皇』と評しています。
ヨーロッパの近代タイポグラフィー運動「ノイエ・ティポグラフィー」の理念を支持しながら、日本の活字文化で独自の表現の確立を志し、原弘はこれを「僕達の新活版術」と呼んでいる。装幀・ポスター・パッケージなど数多くのデザインを手掛けていてその総数は3000点にもおよぶとされています。
また、デザインに用いられる「」についても早い段階から重視しており、1959年から1972年にかけて、紙商社である竹尾洋紙店(現株式会社竹尾)と洋紙の開発を行い、「パンドラ」、「サーブル」、「フロッケン」などの紙も生み出しています。

今や伝説的となっている対外宣伝誌「Front」や「Nippon」や、日本で開催されたバウハウス展やダダ展のデザインなど今なお通用するデザインです。

e697a5e69cac4-1-300x267

そんな原弘のすべてが詰まっているといってもいい商品 が入荷しました。
是非この機会にご購入ください。

原弘 グラフィック・デザインの源流/紙の本

原弘
1985年/ 平凡社 函少スレ 2冊組

ご注文はこちらから

ちょっとお値段が…という方はこの前まで開催されていたこちらの展覧会の図録をどうぞ。
内容が濃く大変お薦めの1冊です。

原弘と東京国立近代美術館 デザインワークを通じて見えてくるもの

2012年/ 東京国立近代美術館

ご注文はこちらから


今回ご紹介した原弘が携わったデザイン書や写真集、ポスターはもちろん、
オリジナル・プリントや版画、肉筆作品、書籍などをはじめ、
国内外の美術書・写真集・現代アートなどなど高価買取いたします。
詳しくはコチラから△

智内兄助画集 Kyosuke Tchinai 入荷しました△

智内兄介

どうもこんにちは。

具象絵画の世界で独自の展開をみせる智内兄介のギャルリーためながより刊行された
「Kyosuke Tchinai」が3巻揃いで入荷しました。

智内兄助 Kyosuke Tchinai(1948-)

智内兄助は和紙にアクリル絵具という革新的な絵画表現を作り上げた、愛媛県出身の洋画家です。
1948年に愛媛県越智郡波方町波方に生まれ、東京藝術大学大学院修士課程を終了後、
安井賞展、日本青年画家展などの受賞を重ね、新進洋画家としての地位を築いていきます。
1987年には、安井賞展・人気投票による特別賞を受賞し、その知名度の高さと人気の高さを証明すると共に、
1992年、宮尾登美子の新聞連載小説「蔵」の挿絵を担当し、その人気度を不動のものとし、世界の舞台ヨーロッパへと活動を広げていきます。

智内兄助は和紙にアクリル絵具という革新的な絵画表現を作り上げた、
愛媛県出身の洋画家です。1948年に愛媛県越智郡波方町波方に生まれ、
東京藝術大学大学院修士課程を終了後、安井賞展、
日本青年画家展などの受賞を重ね、新進洋画家としての地位を築いていきます。
1987年には、安井賞展・人気投票による特別賞を受賞し、
その知名度の高さと人気の高さを証明すると共に、
1992年、宮尾登美子の新聞連載小説「蔵」の挿絵を担当し、
その人気度を不動のものとし、世界の舞台ヨーロッパへと活動を広げていきます。

商品はこちら。

智内兄助画集 Kyosuke Tchinai 1

智内兄助画集 Kyosuke Tchinai 1巻

智内兄助 Kyosuke Tchinai 1

智内兄助 Kyosuke Tchinai 2

智内兄助画集 Kyosuke Tchinai 2

智内兄助画集 Kyosuke Tchinai 2巻

智内兄助 Kyosuke Tchinai 2-1

智内兄助 Kyosuke Tchinai 2-2

智内兄助 Kyosuke Tchinai 2-3

智内兄助画集 Kyosuke Tchinai 3

智内兄助画集 Kyosuke Tchinai 3巻

智内兄助 Kyosuke Tchinai 3-1

智内兄助 Kyosuke Tchinai 3-2

智内兄助 Kyosuke Tchinai 3-3

智内兄助 Kyosuke Tchinai 3-4

智内兄助画集 全3巻揃 Kyosuke Tchinai

2002,04,07年/Galerie Tamenaga 仏語版 カバー
Jean-Marie Tasset

当店でもとても人気のある智内兄助。
今回入荷しました商品は以前何度かバラでの入荷はありましたが揃いでは今回が初めてです。

どうぞこの機会を お見逃しなきよう!
ご注文お待ちしております。

……………………………………………………………………………………………………◎

今回ご紹介した智内兄助関連の書籍はもちろん
ドローイング、オリジナル作品などをはじめ、
国内外の美術書・写真集・現代アートなどなど高価買取いたします。
詳しくはコチラから△

李禹煥(Lee Ufan)のおしゃれな小品です!Gallery Ueda Winery ワイン・ラベル

どうも。

本日はもの派のアーティストとして有名な「李禹煥」のおしゃれな商品が入荷しましたのでお知らせいたします。

img583

まず、李禹煥はリー・ウーファンと読みます。
韓国に生まれ、日本を拠点に世界的に活動している美術家で、直島のベネッセに李禹煥美術館があることでも知られています。
日本の現代美術の大きな動向である「もの派」を理論的に主導したことでも有名です。

もの派」は、1960年末から1970年代中頃まで続いた日本の現代美術の大きな動向です1968年関根伸夫が『位相—大地』を発表し、李禹煥がそれを新たな視点で評価し、理論づけたことから始まり、石、木、紙、綿、鉄板、パラフィンといった〈もの〉を単体で、あるいは組み合わせて作品とすることを指しています。李禹煥と関根伸夫を中心に関根の後輩も参加し「李+多摩美系」と呼ばれ活動しました。

欧米のミニマル・アートアルテ・ポーヴェラとの類似を指摘されることが多いです。

さて、今回の商品はギャラリー上田がワインを作ったときのラベルを李禹煥が手掛けたみたいです。
オリジナルのシルクスクリーンに直筆のサインが入っています。
なんともおしゃれなこの商品、是非ご自宅に飾ってみてはいかがでしょうか?

李禹煥版画額「Gallery Ueda Winery ワイン・ラベル」

Lee Ufan
オリジナル・シルクスクリーン サイン入 限200 13.5×12

ご注文はこちらから

HP内では李禹煥の特集も組んでおります。
こちらも是非ご覧ください。

夏目書房HP特集  李禹煥 Lee Ufan

今回ご紹介した李禹煥のシルクスクリーンや版画はもちろん
オリジナル・プリントや肉筆作品、書籍などをはじめ、
国内外の美術書・写真集・現代アートなどなど高価買取いたします。
詳しくはコチラから△

今夜決定!面白フェイスのお化けたち Best3 !

福岡市博物館で開催中の

『美と恐怖とユーモア 幽霊・妖怪大全集』の図録を通販で入手しちゃいました。

幽霊・妖怪画大全集 図録

当店のツイッターでもお知らせしましたが、

福岡市博物館の公式ホームページからしてユーモアたっぷりの仕上がりです。

お化け、妖怪にツッコミまくって

妖怪・幽霊 直撃インタヴューや、

妖怪・幽霊を48人(?)集めた総選挙なんかもあります。

出品されている作品数も大変な数のようで

図版の豊富さに驚かされました。

保存用と閲覧用に2冊購入がマストです。

そして今回 芸術新潮・最新号『美女と幽霊』の

松井冬子嬢のしびれるような美しさに対抗して

芸術新潮 美女と幽霊 2012年8月号

『幽霊・妖怪大全集』の中から

おもしろ顔で笑わせてくれる

懐の深いお化けのみなさんベスト3をランキングしてみました。

まずは次点

「幽霊図」 円山応挙

「幽霊図」伝・円山応挙

出っ歯がハリセンボンのはるかさんに似てるかなって思いましたが

目がマジなので、笑ってはいけない気がしてきました…。

第3位!

「殿中幽霊図」 矢野夜潮

「殿中幽霊図」矢野夜潮

お化け、デカっ!

第2位!

「お岩提灯 東海道四谷怪談」 歌川国芳

「お岩提灯 東海道四谷怪談」歌川国芳

幽霊というよりは海洋生物のようです。

栄えある栄光の第1位は…

img123

どどーん!

がびーん!

img1234

「当吾の亡霊 東山桜荘子」歌川国芳

幽霊というよりただただ醜女…面白すぎて怖くありません。

自分も混じりたいほどです。

ゲスな話題で盛り上がりそうです。

こちらの展覧会、福岡市博物館のコレクションを展示したもので

勝手に巡回展はないと思い込んでいたのですが

来年、大阪歴史博物館(4/20~6/9)と

横浜そごう美術館(7/27~9/1)への巡回が決まっているようです。

横浜は丸一年後となりますが、と~っても楽しみです。

何回も行っちゃうかもしれません。

今回ご紹介した幽霊・妖怪関係はもちろん
オリジナル・プリントや肉筆作品、書籍などをはじめ、
国内外の美術書・写真集・現代アートなどなど高価買取いたします。
詳しくはコチラから→古書古本買取 夏目書房

安斎重男展ポスター額 ヨーゼフ・ボイス/ローリー・アンダーソン

どうも。

本日は写真家の安斎重男展のポスター額が入荷しましたのでお知らせいたします。

img993

安斎重男の展覧会「Photo Exhibition: Shigeo Anzai」に即して作られたポスターでモデルにはヨーゼフ・ボイスとローリー・アンダーソン安斎重男によって撮られています。

このポスター面白いのが、美術評論家の東野芳明宛にサインとイラストが入っています。ポスターだけならそれほど珍しくありませんが安斎重男が東野芳明に宛てたポスターは中々の珍品だと思います。

オフセットのポスターなのでお値段もお手頃です。是非この機会にご購入ください。

Photo Exhibition: Shigeo Anzai ヨーゼフ・ボイス

安斎重男展ポスター額 ヨゼフ・ボイス

安斎重男
1984年/東野芳明イラスト・サイン入

ご注文はこちらから

Photo Exhibition: Shigeo Anzai ローリー・アンダーソン

安斎重男展ポスター額

安斎重男
1984年/東野芳明イラスト・サイン入

ご注文はこちらから

今回ご紹介した安斎重男のポスターはもちろん
オリジナル・プリントや肉筆作品、書籍などをはじめ、
国内外の美術書・写真集・現代アートなどなど高価買取いたします。
詳しくはコチラから△

カルタの原画入荷しました♪

こんにちは♪

カルタの原画が入荷しました。
年代は不明ですが、昭和30年前後の雑誌の付録のようなものではないかなぁ、と憶測しております。
戦前から戦後にかけて、雑誌の付録は紙製品に限られていたため、こういったカルタなどが付録と
してついてくることが多かったようです。
今回入荷したものの中に漫画家の作品もあるため、そんな推測をしてみたり。
どれも愉しくて見飽きないので、ぜひ実物をご覧頂きたい作品たちです♪

はじめのふたつは戦後の漫才ブームの火付け役、横山エンタツと花菱アチャコの名がついたカルタ。漫才のネタがかかれているのでしょうか。

横山エンタツかるた

(横山)エンタツかるた

アチャコかるた

アチャコかるた

続いて漫画家の金親堅太郎と大泉北斗のカルタ。
「にたり君」は金親堅太郎の代表作です。

金親堅太郎 にたり君カルタ

金親堅太郎 にたり君カルタ

大泉北斗 鞍馬天狗カルタ

大泉北斗 鞍馬天狗カルタ

最後に童画家疋田乃夫明の「犬棒かるた」と「童謡かるた」。
年代が違うのでしょうか、絵のタッチが違いますね。
個人的には「童謡かるた」がかあいくて好きです♡

疋田乃夫明 犬棒かるた

疋田乃夫明 犬棒かるた

疋田乃夫明 童謡かるた

疋田乃夫明 童謡かるた

ちなみに読み札はございませんので、オリジナルの札を作って楽しむのは如何でせう♪

*ご注文はこちらから*

*その他のかるた関連書籍*

今回ご紹介したカルタ原画はもちろん、
国内外の美術書・写真集・現代アートなどなど高価買取いたします。
詳しくはコチラから

ゲルハルト・リヒター Gerhard Richter △ 

この展覧会は、現代絵画の巨匠として、現在もっともݗい評価を受けている作家の一人、
ゲルハルト・リヒターの個展です。彼の 1960 年代から 40 年にわたるସい画歴を見渡し、
作家の愛蔵品を中心に主要作品約 50 点をまとまった形で一挙に公開するのは日本では初
めてのことです。
ゲルハルト・リヒターは、1932 年に旧東ドイツ・ドレスデンに生まれ、ベルリンの壁
が祖国を分断する直前に旧西ドイツのデュッセルドルフに移住し、現在はケルンに在住す
るアーティストです。2002 年にはニューヨークؼ代美術պで、また、2005 年初めにはノ
ルトライン=ヴェストファーレン州立美術պで約 11 万人の入場者数を動員した大֩模な
個展が開催されるなど、世界的に極めて重要な作家として認められていることは間違いあ
りません。
リヒターの作品は、実に多岐にわたっています。新聞やߙ誌などの写真イメージを精密
に模写しつつ、微妙にぼかして描き上げる油彩画「フォト・ペインティング」、正方形や
ସ方形の色彩鮮やかなカラーチップを配列した幾何学的な「カラーチャート」シリーズ、
グレイという色のみの展開からなる「グレイ・ペインティング」シリーズ、17-18 世紀の
ドイツ・ロマン派を想֬させるようなൌ景画、鮮やかな色の組み合わせと大胆な配色によ
る「抽象絵画」シリーズ、さらには透明または彩色されたガラスや؛を用いた作品などそ
の表現は多種多様です。
これらの様々な作品群は一見結びつけるのが難しいかもしれません。しかしながらそれ
らの根底には彼の「絵画の可能性」という一貫した問題意ࡀが深く横たわっています。リ
ヒターは、「写真と絵画」、「具象と抽象」そして「現実と仮象」といった境界線をあいま
いにするような独特な平面群を通じて、「見る」という行為に対し、真摯な考察をୈ求し
続けております。このような彼の作品群は、インターネット等のメディアが発展し、現実
とイメージが共存するような中に生きる私たちの世界を映す「؛」であるもいえます。
今回の展覧会は、最新作の油彩画約 6 点をはじめ、作品のほとんどが日本初公開となり
ます。引き続き精力的に活動を続けるリヒターの様々な側面を見い出す最良の機会になる
ことと思います。

リヒター全部

どうも、こんにちは。

みなさんもオリンピック見てますか?
私もテレビをつけるといつでもやっているのでついつい見てしまい、ユーロ2012以来の寝不足の毎日です。
個人的には体操の内村航平選手の優勝、金メダル獲得にはとても胸にぐっとくるものがありました。

本当におめでとうございます。


さて、ボヘミアンズ・ギルドにゲルハルト・リヒターの作品集、カタログ、レゾネ、評論などなど
まとまって入荷しましたのでお知らせします。

Gerhard-Richter

ゲルハルト・リヒター(1932-

旧東ドイツ、ドレスデン生まれ。
現代美術にもっとも影響力をもち、世界最高峰と評されれ、ジグマールポルケやゲオルグ・バーゼリッツらと共に現代ドイツを代表する画家です。

1993-94年には大規模な個展がドイツ美術センター、パリ市立近代美術館などを国際巡回しました。その後も、ニューヨーク近代美術館での回顧展(2002)をはじめ、毎年世界の有名美術館で個展が開かれ、日本では2005年に金沢21世紀美術館、川村記念美術館で日本初の回顧展が開催されました。

リヒターの作品は、とても多岐にわたっています。新聞や雑誌などの写真イメージを精密に模写しつつ、微妙にぼかして描き上げる油彩画「フォト・ペインティング」、正方形や長方形の色彩鮮やかなカラーチップを配列した幾何学的な「カラーチャート」シリーズ、グレイという色のみの展開からなる「グレイ・ペインティング」シリーズ、17-18 世紀のドイツ・ロマン派を想起させるような風景画、鮮やかな色の組み合わせと大胆な配色による「抽象絵画」シリーズ、さらには透明または彩色されたガラスや鏡を用いた作品などその表現は多種多様です。

またリヒターの作品はオークションで現存するドイツ人作家のなかで最も高額で取引されています。
今年開催されたクリスティーズとサザビーズの現代美術オークションで、リヒターの作品が非常に高額で落札されたのも記憶に新しい方もいらっしゃると思います。
ちなみにクリスティーズ・ロンドンで1994年制作のAbstraktes Bild」の落札価格はなんと、9897250ポンド。日本円にして約125106万円! My God!

そんなリヒターの商品がまとまって入荷しましたので一部ご紹介。

リヒター15
リヒター11
リヒター12
リヒター13
リヒター14

ゲルハルト・リヒター Atlas: Of the Photographs Collages and Sketches

Gerhard Richter

1997年/D.A.P./Anthony D’Offay Gallery 英語版 布装

リヒター25
リヒター21
リヒター22
リヒター23
リヒター24

ゲルハルト・リヒター Firenze

Gerhard Richter

2001年/Hatje Cantz 独語版 カバー

リヒター6
リヒター 1
リヒター 3
リヒター 2
リヒター4
リヒター5

ゲルハルト・リヒター Gerhard Richter: Aquarelle/Watercolors: 1964- 1997

Dieter Schwarz

1999年/Richter Verlag 独語版 布装

リヒター46
リヒター41
リヒター42
リヒター43
リヒター45

ゲルハルト・リヒター Gerhard Richter, Landscapes

Gerhard Richter, Dietmar Elger

2002年/Hatje Cantz 英語版 カバー

リヒター51
リヒター61
リヒター62
リヒター63
リヒター66

ゲルハルト・リヒター Gerhard Richter

Bruno Cora

1999年/Gli Ori 伊・英語版

私は青年期に持っていたソニック・ユースのあるアルバムのジャケットがリヒターのものだということ、ということはあれは写真じゃなかったんだ、と知ったのは恥ずかしながら最近のことなのでした。

SONICYOUTHDAYDREAMNATION

ちなみにそのアルバム「Daydream Nation」。
ジャケットの作品「Kerze(ろうそく)」(1983年制作)は2008年ロンドンのサザビーで1050万ユーロで落札されたらしいです。!

その他ゲルハルト・リヒターの商品は上のろうそくの画像よりご覧いただけます。

……………………………………………………………………………………………………◎

回ご紹介したゲルハルト・リヒター関連の書籍はもちろん
ドローイング、オリジナル作品などをはじめ、
国内外の美術書・写真集・現代アートなどなど高価買取いたします。

詳しくはコチラから△

ページの先頭へ