2013 1月 21| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 ボヘミアンズ・ギルド

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

あります、ルーシー・リー△ 

どうもこんにちは。

先日休みだったので新宿のとあるデパートのセール初日に行って来ました。
丸の内線の新宿三丁目を降りて改札に向かうと既になんだかすごい行列が確認でき、係の人にたくさんの人たちが誘導されていました。まだ午前10時です。
えーって感じでしたが、その行列を横目にとりあえず地上に出て明治通りからメンズ館のほうに回ってみると、あれ?本館に簡単に入れました。ラッキー、なのかな?
なんなく入館しまして肝心のセールはといいますと、やはりお正月のそれと比べるとやや落ち着いた印象でしたが、それでもセール初日独特の活気というか熱気というか特に女性の売り場には白熱した雰囲気があって凄かったです。マネキンが衣服を剥ぎ取られたり。嘘みたい!
2013年、古書業界もますます女性のパワーに注目したいところであります。

さて、ボヘミアンズ・ギルドより新入荷のお知らせです。 今回はルーシー・リーです。

ルーシー・リー Dame Lucie Rie

●ルーシー・リー Lucie Rie

ハンス・コパー、バーナード・リーチなどと並ぶ20世紀のイギリスを代表する女性陶芸家です。
ウィーンの裕福なユダヤ人家庭に生まれたルーシーは、建築家でウィーン分離派の中心メンバーの一人のヨーゼフ・ホフマンらが教鞭を執った工芸美術学校でろくろの面白さに魅了され、ほどなくその作品は国際的な展覧会で数々の賞を受賞し、高い評価を得ていきます。しかし、迫りくる戦争の足音とともに亡命を余儀なくされ、1938年ロンドンに居を移すと、以後およそ半世紀にわたり同地で制作を続けました。

そんなルーシー・リーのオススメ商品はこちら。

ルーシー・リー展

ルーシー・リー展 A Retrospective

ルーシー・リー展 A Retrospective

ルーシー・リー展 A Retrospective

ルーシー・リー展 A Retrospective

ルーシー・リー展 A Retrospective

ルーシー・リー展 A Retrospective

2010年/日本経済新聞社 小口少シミ

没後初となった回顧展の図録です。 初期から晩年までの約250点の作品と、初公開となる薬ノート、手紙、写真などの貴重な資料も収録されています。
本書にルーシー・リーの印象的な一文がありましたのでご紹介します。

「誰かが私はモダンな陶芸家か、伝統的な陶芸家かと聞いたとしても、私には、わからないし、関心がないと答えるだろう。今生きている芸術は、常に現代的である。年をとっているか、若いかは問題ではない。芸術論は私には無意味だ。美こそ大事である。それが私の哲学の全てである。私は独創的であろうと特異であろうとかしない。私は十分ではないという自覚のようなものが私を突き動かしているのである。」

他にはこんなものもあります。

うつわ U-Tsu-Wa ルーシー・リィー/ジェニファー・リー他 三宅一生監修

うつわ U-Tsu-Wa

ルーシー・リィー/ジェニファー・リー他 三宅一生監修

2009年/求龍堂 カバー 帯

現代イギリス陶芸家 ルゥーシー・リィー展

現代イギリス陶芸家 ルゥーシー・リィー展

1989年/三宅デザイン事務所 スレ

ファンの方はもちろん、まだルーシー・リーのことをあまり知らない方にこそ是非お手に取っていただきたいものです。シンプルで気高くも自然な彼女の世界に触れてみてください△

買取のご相談はこちらから△

ページの先頭へ