2013 7月 23| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

9月16日まで国立新美術館にてアンドレアス・グルスキー展開催中です。

ANDREAS GURSKY/アンドレアス・グルスキー展

新人の大西です。
今回は、ドイツ出身の写真家であるアンドレアス・グルスキーを紹介します。
ちょうど今、国立新美術館でアンドレアス・グルスキー展が9月16日まで行われているので、私も暑い中観に行ってきました。グルスキーの作品は大きいとは聞いていたのですが、想像以上に迫力があり実物で見てこその写真だな、と思いました。何の気なしに行ったのですが、とても良くて閉館1時間前に行った事が後悔です。余裕を持って観に行かれる事をおススメします。

グルスキーの写真は、モンマルトルの集合住宅やバンコクの川面など、私達を取り巻く環境を俯瞰的に隅々までピントを合わせて撮ったもので、彼の師匠であるベッヒャー夫妻の影響を感じられるドイツ写真です。 しかし、そのサイズの大きさと目に飛び込んでくる多彩な色から何を撮ったものなのかすぐには分からず、一見グラフィックデザインや抽象画の様にも見えます。 そしてグルスキーの写真はドイツ写真の伝統とも言えるストレート写真に捉われず、オークションにて写真作品史上最高額の334万ドル(3億4千万円!)の値段が付いた事で有名なライン川の写真も、画像処理が加えられ人や風景などが修正されています。 (ライン川2 1999年)

ボヘミアンズ・ギルドの2階ブックギャラリーにも彼の写真集がございますので、お立ち寄りになった際には是非ご覧になってみてください。

アンドレアス・グルスキー Montparnasse Andreas Gursky写真 Hans Irrekエッセイ 1995年/Oktagon Verlagsgesellschaft mbH 独語版 プリント1枚付 「Image」「Texte」2冊揃 函

アンドレアス・グルスキー Montparnasse Andreas Gursky写真 Hans Irrekエッセイ 1995年/Oktagon Verlagsgesellschaft mbH 独語版 プリント1枚付 「Image」「Texte」2冊揃 函

アンドレアス・グルスキー Montparnasse

Andreas Gursky写真 Hans Irrekエッセイ

1995年/Oktagon Verlagsgesellschaft mbH 独語版 プリント1枚付 「Image」「Texte」2冊揃 函

夏目書房では写真集は勿論、他の様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡ください。 買取の詳細はこちらからご覧頂けます。

テオドール・アドルノ 否定弁証法他

今回はテオドール・アドルノ関係の本をいくつかご紹介します。

アドルノ

テオドール・アドルノ(1903-1969)はドイツの哲学者で、
同時代を生きたホルクハイマーやハーバーマスらと共に、
フランクフルト学派の代表的な人物です。


否定弁証法 ミニマ・モラリア

否定弁証法

テオドール・W・アドルノ

木田元他訳

1996年/作品社

ミニマ・モラリア

傷ついた生活裡の省察

テーオドル・W・アドルノ

1986年/法政大学出版局

アドルノ=クシェネク往復書簡 1929-1964 ベンヤミン アドルノ 往復書簡 1928‐1940

アドルノ=クシェネク往復書簡

テオドール・アドルノ/

エルンスト・クシェネク

1988年/みすず書房

ベンヤミン アドルノ 往復書簡

ヴァルター・ベンヤミン/

テーオドーア・W・アドルノ

1996年/晶文社

フランクフルト学派の展開 現代思想 1975年5月号 フランクフルト学派

フランクフルト学派の展開

徳永恂

2002年/新曜社

現代思想 1975年5月号

1975年/青土社


アドルノが生きた時代はまさに激動の時代でした。
ユダヤ系であったアドルノはナチスから逃れるために、アメリカへ亡命します。
そこで盟友ホルクハイマーと「啓蒙の弁証法」を書き上げます。
そこでは、何故ここまで文明の発展した人類が、
ナチスのようなファシズムに傾いてしまうのか 徹底的に書き込まれています。
以前ここでご紹介してきた多くの哲学者たちも
何かしらの戦争体験をしている人物が多かったように思います。
果たしてその悲惨な体験が無かったら、彼らはどんな思想家となっていたのでしょうか。

フランクフルト学派

今回ご紹介したアドルノフランクフルト学派関係の本は勿論、
夏目書房では様々なジャンルの本の買い取りを行っております。

買い取りをご希望の方はコチラからどうぞ。

ページの先頭へ