2013 9月| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

篠山紀信オリジナル・プリント額入荷しました。

一年中、秋のような気候の国があれば移住したいです。
こんにちは、大西です。

今回は、ボヘミアンズ・ギルドに篠山紀信オリジナル・プリント額がまとめて入荷したのでご紹介しようと思います。

篠山紀信は、国民的知名度で言えば荒木経惟や森山大道よりもおそらく高く、コンビニの雑誌コーナーを覗くと必ずと言っていい程名前が確認できます。
日本一有名な写真家と言ってもいいんじゃないでしょうか。
ただその活動の幅広さと膨大な仕事量ゆえ、逆にその実体が掴みづらい人ではあるかと思います。
しかし、ジョン・レノンとオノ・ヨーコから三島由紀夫、今だとAKB48まで、その時代時代を象徴する人達を撮り続け、今だ第一線に立っているということは、やはり物凄いことだと思います。
全然世代が違うのに僕の友達は「Santa Fe」持ってますからねー。(1991年発売なので、自分たちが生まれたぐらいです。)
アルフレッド・スティーグリッツらが、サンタフェで制作活動をしてたことに影響を受けて、場所を決めたみたいですね。意外な繋がりです。

篠山紀信オリジナル・プリント額「Tokyo未来世紀より1」

Kishin Shinoyama

Cプリント 41×32.5 額46.5×38

篠山紀信オリジナル・プリント額「Tokyo未来世紀より2」

Kishin Shinoyama

Cプリント 32.5×41 額38×46.5

篠山紀信オリジナル・プリント額「Tokyo未来世紀より3」

Kishin Shinoyama

Cプリント 32.5×41 額38×46.5

篠山紀信オリジナル・プリント額「Tokyo未来世紀より4」

Kishin Shinoyama

Cプリント 32.5×41 額38×46.5

篠山紀信オリジナル・プリント額「Tokyo未来世紀より5」

Kishin Shinoyama

Cプリント 32.5×41 額38×46.5


夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡ください。

買取の詳細はこちらよりご覧ください。

ふしぎなくだもの*浜口陽三

こんばんは♪
なんだかもう、すっかり秋ですね。
読書の秋、そして食欲の秋。
こんな季節には、見て楽しい、食べておいしい♪くだものに注目してみてはいかがでしょうか。

くだもの、と言って思い浮かぶのは浜口陽三。
かわいらしいさくらんぼやぶどうなど、お部屋に飾ったらすてきだろうな…✧という作品ばかりです。

当店にも、いくつか版画がございます。


ぶどうやレモンは、まさにこの時期にぴったり!


左のふた粒がなんとも愛らしいですね✧


くだもの以外にも、ふんわりあったか毛糸玉♪

メゾチントを復興し、カラーメゾチントの開拓者である浜口陽三。
銅版画のなかでもっとも繊細な表現のできるメゾチント、不思議な雰囲気に引き込まれます。

メゾチントとは*
中間調子の技法という意味。
ドライポイントから派生したもので
銅版の全面に細かく交差する線を刻み、その線をつぶしたり削ったりして明暗をつける技法。

浜口陽三の書籍はこちらからどうぞ♪


夏目書房では、様々なジャンルの本・版画等を買取しています。
お売りいただけるものございましたら、是非ご連絡ください。

買取の詳細はこちらから。

パオロ・ロベルシ写真集入荷しました。Paolo Roversi「Nudi」「Libretto」

1年ぶりの秋ですね。もうすぐ24歳になります。
こんにちは、大西です。

今回はボヘミアンズ・ギルドにパオロ・ロベルシの写真集が入荷したのでご紹介します。
パオロ・ロベルシ(Paolo Roversi 1947-)は、イタリア出身の写真家でファッションフォトを中心に活動しています。10×8のポラロイドフィルムを主に使用し、肌の色が白くなるというポラロイドの特性を生かして独自の世界観をつくりあげました
「スタジオは単なる場所ではなく、人生そのもの、創作の源泉、写真と関わる方法論。」と語っており、スタジオでの制作活動が中心となっています。
イヴ・サンローランやクリスチャン・ディオールの広告写真を撮っており、日本だとコム・デ・ギャルソンとも仕事したりしています。そうそうたる顔ぶれですね。

119566

パオロ・ロベルシ写真集 Paolo Roversi: Nudi

Paolo Roversi

1999年/Steidl/Stromboli 英語版 カバー少シミ 函

ちょっと中をご紹介します。
DSC06128

DSC06127

DSC06126

白に白なので少し伝わりづらいですが、、。きれいです。

119570

パオロ・ロベルシ写真集 Libretto

Paolo Roversi

2000年/Steidl 英語版 クリアカバー 函

DSC06132

DSC06133

こちらはカラーも。いやーきれいです。

118623

パオロ・ロベルシ写真集 Paolo Roversi: Studio

Paolo Roversi

2006年/Steidl 限1000 英語版 函

こちらの写真集は、約20年間に渡るロベルシのスタジオワークやスタジオの風景が収められています。
見応えあります。
ボヘミアンズ・ギルドの2階ブック・ギャラリーにございますので、お気軽にお訪ねください。

夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡ください。
買取の詳細はこちらよりご覧ください。

フロイトetc 心理学関係の本買います

今回はフロイト関係の本をご紹介します。

フロイト

ジークムント・フロイト(1856-1939)はオーストリアの精神分析学者です。
以前このブログでもご紹介したシャルコーのもとで催眠療法を学び、
人類史上初めて「無意識」を学問(科学)として扱った人物で、
「自由連想法」や「エディプスコンプレックス」などを提唱し
現代の心理学、精神分析学の基礎を築きました。


ボードレールとフロイト フロイトと人間の魂

ボードレールとフロイト

レオ・ベルサーニ 山県直子訳

1984年/法政大学出版局

フロイトと人間の魂

ブルーノ・ベテルハイム著 藤瀬恭子訳

1989年/法政大学出版局

「ねずみ男」精神分析の記録 フロイトのイタリア

「ねずみ男」精神分析の記録

S.フロイト 北山修/高橋義人訳

2006年/人文書院

フロイトのイタリア

岡田温司

2009年/平凡社

失語論 批判的研究 収集家としてのフロイト

失語論 批判的研究

S.フロイト著 金関猛訳

1995年/平凡社

収集家としてのフロイト

1996年/古美術商三日月


フロイトは心理学の世界は勿論、哲学や現代思想の世界にも
様々な影響を残しました。
先日お知らせしたドゥルーズガタリも、フロイト
「エディプスコンプレックス」という考え方がなければ
「アンチオイディプス」 にはたどり着かなかったでしょう。
現代思想の世界はいつでも先人の考えへの更新や批判の嵐の中にあります。
宗教や科学、そして現代思想が「真理」を発見する日は果たしてやってくるのでしょうか・・・。

フロイト2

今回ご紹介したフロイト関係の本は勿論、
夏目書房では哲学や現代思想の本を高価買取中です。
買い取りをご希望の方はコチラからどうぞ。

ボヘミアンズ・ギルド2階ブック・ギャラリーを改装しました!

こんにちは。

すでに当店のNEWSでもお伝えしましたが、このたびボヘミアンズ・ギルドの2Fを大幅改装いたしましたのでご紹介いたします。

DSC05940

階段を上ると、、、

DSC05946

じゃ~~ん!

左側にあったカウンターが移動し、すべて背の高いガラスケースになっています。

DSC05979

高いガラスケースが元あった右側の壁には低いガラスケースが入り

上部にあいた壁には新たにアート作品がかけられています。

DSC05959

さらにその奥は、、、

DSC05962

DSC05983

新たなレジカウンターが!広い!

新入荷のシグマール・ポルケとウォーホルのマリリンが見えます。

ちなみにカウンター側から見た店内はこうです。↓

DSC05971

画像左手の壁には荒木経惟さん、藤原新也さんのプリントやクリストの作品などが所狭しとかけられています。当店お馴染みの圧縮陳列です。

DSC05972

手前立てかけケースには大量の『デリエール・ル・ミロワール』が。50冊以上あります!

DSC05966

右手に見える夢二のガラスケースが見え辛くなっています。もう少し片付けねばなりません。

DSC05967

以前からのレゾネ・大型限定本のコーナーは日々増えています!必見。

いかがでしたでしょうか?

まだ改善点はたくさんありますが、ご来店いただいたお客様が見やすく楽めるレイアウトを目指して、日々精進いたします。

是非、ご来店いただけますようお願い申し上げます。

DSC05974

行ってきました!『瀬戸内国際芸術祭2013』 Part.2 直島・愛の「アイ♡湯」紀行

みなさんんご存知アイ♡湯、住宅地にあるため遠景を撮るのが難しいので部分を拡大してお見せします。

すみずみまでご堪能ください!

大竹伸朗 アイ♡湯

大竹伸朗 アイ♡湯

CIMG7168

大竹伸朗 アイ♡湯

2013瀬戸内ひとり旅 139

向かって右上のユーモラスな屋根裏船、いいっす。

CIMG7163

左の上の方。

2013瀬戸内ひとり旅 215

出っ張りの裏面、鯉のタイル。首を90度に曲げて凝視しなければなりません。

CIMG7167

向かって左のタイルのコラージュ。

大竹伸朗 アイ♡湯

大竹伸朗 アイ♡湯

ガチャガチャの横から直島タイルがこっち見てます。

大竹伸朗 アイ♡湯

向かって左側面。

2013瀬戸内ひとり旅 156

大竹伸朗 アイ♡湯

こちらは右側面。

大竹伸朗 アイ♡湯

大竹伸朗 アイ♡湯

哀愁の猫背のペンギン。

大竹伸朗 アイ♡湯

大竹さんの本に書かれていた宇和島のおじさんにもらった金魚でしょうか。ゆるい。

大竹伸朗 アイ♡湯

右側面。

2013瀬戸内ひとり旅 140

2013瀬戸内ひとり旅 141

ここはアイ♡湯のものなのか、となりのカフェなのか、7:3で前者と私判定のお洒落な倉庫。

2013瀬戸内ひとり旅 237

夜のアイ♡湯。

2013瀬戸内ひとり旅 239

2013瀬戸内ひとり旅 242

港からちょっと見える「ゆ」の看板。

2013瀬戸内ひとり旅 228

たまたま遭遇、対岸 宇野港の花火を堪能しました。独りで・・・。

お次は、直島~犬島レポートです!→行ってきました!『瀬戸内国際芸術祭2013』夏会期 Part.3 直島~犬島紀行

サラ・ムーン写真集「Souvenirs Improbables」入荷しました。Sarah Moon!

ボヘミアンズ・ギルドに新人が入ってきました。先輩風吹かそうと思います。大西です。

今回は、ボヘミアンズ・ギルドにサラ・ムーン(Sarah Moon、1941~)の写真集が入荷したのでご紹介します。

118826

サラ・ムーン写真集 Coincidences

Sarah Moon

2001年/Arena 英語版

サラ・ムーンはフランスで生まれ、イギリスで育ちモデルとして活躍した後に、写真家に転身しました。
元モデルで映画のプロデュースもするという、確実に女の子が憧れるであろう華やかなキャリアを持つ彼女ですが、撮る写真も確固たる独自の世界観を持っています。

絵画と間違えてしまいそうな独特な粗粒子の繊細な写真で、女性ならではの美の視点を感じます。
僕のような雑な人間が色々説明してもしょうがないので、少し中をご紹介します。

DSC06057

DSC06076

DSC06077

カラー写真も撮っています。
DSC06067

DSC06068

うかつに近づいてはいけないような雰囲気です。
耽美的?と言うんでしょうか、柔らかくて夢のような世界が広がっています。
けどなんかちょっと恐いですよね、綺麗すぎて。

夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡ください。
買取の詳細はこちらよりご覧ください。

゜。○゜。絵本あります。 武井武雄、安野光雅etc…。゜○。゜

こんにちは!
最近、ボヘミアンズ・ギルドの絵本棚が増えてきました。

安野光雅からミヒャエル・ゾーヴァまで!絵本って楽しいですね♪

゜。○゜。ほるぷの復刻絵本も多数入荷~。゜○。゜

ほるぷの復刻絵本の中に、武井武雄のコドモエブンコが♪
いいですね~
上にいる二羽と枝のイビツなフォルムにハートを持っていかれました…♡

線の一本いっぽんにまでセンスが光る武井武雄の絵本✧
他にも幾つか在庫がございますので、ご紹介したいと思います。

武井武雄が、遺憾なく本づくりがしたいという思いから創り始めた「刊本作品」シリーズ。

豆本といえば武井、武雄といったら豆本、ですよね。
それ以外でも、手のひらサイズが多いところがまたニクイ。

かるたもございます。

札はもちろんのこと、函まで武井柄✧
側面は箱根細工風になってます。

涼しくなってきた今日このごろ、お部屋で絵本など読んでみては如何でしょう♪

武井武雄の書籍はこちらから

夏目書房では、様々なジャンルの本・版画等を買取しています。
お売りいただけるものございましたら、是非ご連絡ください。 買取の詳細はこちらからご覧頂けます。

行ってきました!『瀬戸内国際芸術祭2013』 Part.1 宇野紀行

こんにちは!

8月の頭に夏休みをいただき、現在開催中の「瀬戸内国際芸術祭」へ行ってまいりました。
独りで…。

岡山駅から芸術祭の行われる島々へ渡るには、電車で4-50分の宇野港からフェリーや高速船を使います。

宇野港へ向かう電車から早くも芸術祭ははじまります。わくわくです。

CIMG7128

電車のつり広告はすべて荒木経惟さん!《PARADISE》

CIMG7133

burogu

宇野の町もアラーキーだらけ!

CIMG7136

野村佐紀子《プラチナ・ポートレイト》
老人ホームにいるお年寄りにメイクとスタイリストをつけて撮影するプロジェクト。
おしゃれした老人たちのなんと生き生きした表情!

CIMG7138

淀川テクニック《宇野のチヌ》

CIMG7145

デイヴィッド・シルヴィアン《Kiosk》※写真は荒木さんの作品
宇野港をイメージして作った曲が車から流れ、それが録音された再生機を、このワゴンで貸出ししていました。

CIMG7143

小沢敦志《舟底の記憶》

CIMG7134

サブちゃんも!

CIMG7154

宇野港 限定弁当「una弁」 うなぎは入っておりませんが、おいしかったです。

お次は、直島レポートです!→行ってきました!『瀬戸内国際芸術祭2013』 Part.2 直島・愛の「アイ♡湯」紀行

ページの先頭へ