2014 1月 9| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 ボヘミアンズ・ギルド

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

京都モダン*小林かいち

前回の松本かつぢに続き、今回は夢二美術館で展覧会をしている小林かいちのご紹介を✧

大正後期~昭和初期にかけて、京都で絵葉書や封筒のデザインを手掛けた小林かいち。
抒情的な女性、薔薇やトランプといった乙女の永遠のモチーフ、そしてアール・デコ調のデザイン・・・

派手な色使いにも関わらず、品があるかいちの図柄。
思わず見入ってしまいます✧

彼の作品もまた、男女問わず人気があるのではないでしょうか。
松本かつぢ展との共通点ですね!)

版元となった京都のさくら井屋は、なんと2011年まで営業していたということ!

手刷り木版職人が少なくなり、商品を造ることが難しくなったというのが閉店の理由だそうです。
そういうお店が無くなってしまうのは、寂しいものですね。

先月、当店にもかいちの木版封筒7枚組「一週間」が入ってきました。しかし、3日で売れてしまったので、残念ながら見ることができませんでした。
水曜日の図柄などはよく目にしますが、この封筒は見たことがない気がします。
英語だけじゃなく日本語でも曜日を入れているところ、スキです!

また入荷することもあると思いますので、お好きな方はボヘミアンズ・ギルドの2階を チェックしてみて下さい♪

関連書籍もございます♪

ページの先頭へ