2015 3月| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

ガゴシアン・ギャラリー Gagosian Gallery

今回は世界屈指の画廊、ガゴシアン・ギャラリーについてご紹介します。

ガゴシアン・ギャラリーは世界中に15の支店を構える世界でも有数の画廊の1つで、最も影響力のある画廊とも言われています。

オーナーのラリー・ガゴシアンはアートワールドで最も影響力のある人物を決める「Art Review: Power100」において2014年現在、第8位に位置しています。

取り扱いアーティストには、ジェフ・クーンズ、エド・ルシェ、リチャード・プリンスなど錚々たる顔ぶれです。

日本からも、村上隆、石田徹也、草間彌生などが所属しています(草間彌生は2013年に脱退)。

当店にもガゴシアン・ギャラリーで行なわれた展覧会の図録など取り扱っておりますので少しご紹介したいと思います。

まずはアンディ・ウォーホル。1989年にニューヨークで行なわれた展示の図録です。

アンディ・ウォーホル Andy Warhol: Shadow Paintings

Julian Schnabel

1989年/Gagosian Gallery 英語版

次に、ジャクソン・ポロック。1990年ニューヨークにて。

ジャクソン・ポロック Jackson Pollock: Black Enamel Paintings

Ben Heller

1990年/Gagosian Gallery 英語版

ゲオルグ・バゼリッツ。2008年ローマでの展示図録。

ゲオルグ・バゼリッツ Georg Baselitz: La Grande Notte in Bianco

2008年/Gagosian Gallery 伊語版

この他にもガゴシアン・ギャラリーでの様々なカタログなどご用意しております。

ご来店お待ちしております。

また、われわれ夏目書房も神保町FineArtsというギャラリーを運営しております。

こちらも合わせて、お気軽にご来店ください。

***

夏目書房&ボヘミアンズ・ギルドでは、様々な書籍の買取をしております。
お売りいただけるものがございましたら、是非ご連絡下さい◎

Cindy Sherman シンディ・シャーマン 3.erweiterte Auflage/History Portraits 他

今回は前回の女性写真家に引き続き海外の女性写真家、シンディ・シャーマンについて少しだけ紹介します。

Cindy Sherman シンディ・シャーマン
1954年ニュージャージー生まれ。 ニューヨーク州立バッファロー校で美術を専攻後、写真に転向。
大学卒業後の1976年にバッファローで初個展を、そして1980年にニューヨーク・ソーホーのメトロピクチャーズとザ・キッチンでの個展が成功しアート界で注目されるようになる。

自身を被写体にホラー映画のような写真を撮ってることで有名ですね。
マス・メディアによってつくられた女性のイメージを自分の肉体を使って演じています。
もし、私がこの時代とこの場所に生まれていなければ、こうした表現をすることはなかったでしょう。そして私がもし男だったら、このような方法で作品を生み出すことはなかったでしょう」
だそうです。
女性に対するつくられた、というか演出されたイメージを更に演出することでアンチテーゼを唱えるのですね。楽しそうです。。

上の写真も自身が被写体で、世界で最も高価な写真トップ10に入っているそうです。(2億円くらい??)

以下、お店で扱っています写真集↓↓↓

3.erweiterte Auflage
1987年/Schirmer/Mosel 独語版 少傷み

172925

シンディ・シャーマン写真集
1984年/Pantheon 英語版 見返し蔵印

シンディ・シャーマン展
1996年/朝日新聞社 裏表紙上部少傷み

シンディ・シャーマンの写真には見ていてヒッチ・コックが頭に浮かぶものがあります。

cindy-sherman-cinderella
彼女は映画のスチール手法で写真を撮るそうです。決定的瞬間を「演じる」のですね。

数年前にたまたま購入した雑誌にAlex Pragerというアメリカの若手女性写真家が紹介されていました。

IMG_0529
彼女の写真もまた、ヒッチ・コックの映画のワンシーンのような決定的瞬間を、演出から切り撮っています。
この人の場合はもうモロにヒッチ・コックのオマージュのようなことをしていますが。すごく魅力的ですよね。

夏目書房、ボヘミアンズ・ギルドでは美術品や書籍の買取をおこなっております。
眠っているお宝品や書籍、丁寧に査定させて頂きますので是非ご相談ください。

「アートフェア東京2015」参加のお知らせ

AFT_logo_10th_b

「アートフェア東京2015」参加のお知らせ(2015.03.19)

毎年恒例の国内最大級のアートイベント「アートフェア東京2015」が

3月20日(金)~22日(日)の3日間、有楽町の東京アートフォーラムで開催されます。

今年も「ボヘミアンズ・ギルド」として出展いたします。

ロバート・ロンゴ、トム・ウェッセルマン、ドナルド・ジャッド、フランク・ステラ、エドワード・ルシェなどの海外美術から、
李禹煥、奈良美智、大竹伸朗、井上有一、菅木志雄などの人気作家たちの新入荷作品を、恒例の圧縮陳列にてご紹介いたします。

古書店ならではの空間を展開いたしますので、是非お越しください。
ボヘミアンズ・ギルドの出展ブースはN72です。
https://artfairtokyo.com/gallery/7994.html

会場:東京国際フォーラム展示ホール(東京都千代田区丸の内3-5-1)

日時:3/20(金)11:00-21:00

3/21(土)11:00-20:00

3/22(日)10:30-17:00  ※全日入場は終了30分前まで

【お問い合わせ先】

〒106-0031 東京都港区西麻布1丁目9番11号

TEL: 03-5771-4520

FAX: 03-3401-8038

URL:www.artfairtokyo.com

E-MAIL: info@artfairtokyo.com

「日本の銅版画」はじまりました。神保町ファインアーツより。

こんにちは。

ここのところ、急に温かくなってきて花粉症の猛威が吹き荒れる東京ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。私は絶不調です。

今回は神保町ファインアーツから新しい展示内容をレポートいたします。

こちらの勝手な事情なんですが、開店からの展示の切り替え時期の調節のため少し会期が短い展覧会となりました。
題して「日本の銅版画」です。

DSC00019

20150319_213244

まずは入ってすぐ左の北川健次さんの壁。ヨーロッパの硬質な美しさに触れることができます。緑の小さい額は山本六三、棚上には坂東壮一の蔵書票がたくさん。

DSC00022

少し先へ進んで 左の小さい赤い額2点と、その真下の観音開きの額は山下清澄の作品で、「グラビュールデッサン」という技法で作られた珍しい作品3点です。そして右の黒い額の3点は浜口陽三。静謐な黒が深みをたたえています。反射で見えづらくすみません。

DSC00020

どんつきの中林忠良の壁。銅版画にしては大きいサイズのものが多く、緊張感のある画面がとても迫力があります。
左の端の小さい作品が今回のタイトルに入っている浜口陽三の「二色のぶどう」。実物はとても複雑な色あいで惹きこまれます。ぜひ顔を近づけてみてください。

DSC00028

こちらは色が明るく、少しほっとする壁です。左から山本容子4点、南桂子2点と池田満寿夫。個人的には左上の山本容子「Girl」が、ムンクの「思春期」をモチーフとしており、とても興味深いです。

DSC00026

最後は左から浜田知明4点、吉田勝彦、駒井哲郎です。下のガラスケースには駒井の版画入りの限定本がひろげられています。
こんなに揃っていて、いいのでしょうか。贅沢です。

以上ですが、2週間に満たない期間がもったいないほどの品揃えだと思いませんか?
あと10日ほどで会期終了となってしまいます。

春のお散歩コースに是非、神保町ファインアーツにお立ち寄りください。

よろしくお願いいたします。

案内ハガキ 日本の銅版画

日本の銅版画

会期: 2015年3月17日(火)〜2015年3月29日(日)
展示作家 :アルフォンス・イノウエ/北川健次/駒井哲郎/中林忠良/浜口陽三/坂東壮一/山下清澄/山本容子ほか

会場:神保町ファインアーツ

時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00

地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の左2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F

(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

池袋本店、新入荷。人物叢書まとまって入りました。ミネルヴァ日本評伝選も有。

こんにちは。
寒い国の辛い料理より、
暑い国の辛い料理の方が
好きです。
大西です。

春というと、何かを始めるのにいい季節ですよね。
日課である最寄りのコンビニに豆乳を買いに行くのでさえ、
億劫になりつつある私ですが、着実に意識は上がっています。
そういう時に、読みたい本はというと、、。

伝記です。

なにかをがんばる、と言うことは
なにかしら自分の生きた証を残したい、
だと思うんです。
そして、残している人は、、

伝記になっているんです。

そういえば私も小学生のころ、ベーブ・ルースの伝記を読み、
野球をやっていないにも関わらず、
誰かのためにホームランを打とうと思いました。

自己啓発本とか読んでる場合じゃないです。
伝記です。

日本の偉人たちが

揃い踏み

です。

背の名前を見てて思ったんですが、
寿限無、寿限無~長久命の長助みたいな
名前の人はいないんですねー。
いろんな名前はあれど、基本的に漢字4、5文字ですね。
ここに日本人の国民性を感じました。
キラキラネームの今後に期待です。

在庫一覧は、こちらからご覧ください。

ミネルヴァ日本評伝選もまだまだ揃っています。

お待ちしております。

ヤフーオークションにて、版画や浮世絵などの美術品から初版本や署名本や限定本まで、多数出品しております。→こちらからご覧下さい。
毎週新しい商品が出品されますので、どうぞお見逃しのないようお願いします。

夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡下さい。

マーク・ロスコ作品集が入荷しました。

こんにちは。

今回ご紹介するのはマーク・ロスコです。

マーク・ロスコ(1903-1970)はポロックデ・クーニング等どと共に抽象表現主義を代表する芸術家です。

深淵な色彩で雲のように漂う情景が多くの人々を魅了してきました。

ロスコといえば巨大な壁画の連作でも有名です。

DIC川村記念美術館にある「ロスコ・ルーム」に収蔵されているシーグラム壁画。

見ているだけで深い絵の具の底まで落ちていくような恍惚状態を味わえる必訪の場所です。

ときになぜシーグラム壁画と呼ばれるか、この作品群は当初、ニューヨークにある「シーグラム・ビル」にオープンするフォー・シーズンズ・レストランために描かれたものでした。

オープン直前のレストランを見たロスコは収蔵を拒否、分割され一部はここに、他はテート・ギャラリーとフィリップス・コレクションに送られました。

これら巨大な壁画が全部で30点!日本でロスコの作品を見れるのはありがたいですが、これらの作品が一ヶ所に並べられる光景を見てみたかった気もします・・・。

マーク・ロスコ Rothko

マーク・ロスコ Rothko
Achim Borchardt-Hume
2008年/Tate 英語版

マーク・ロスコ Mark Rothko
マーク・ロスコ Mark Rothko
Fondation Beyeler編集
2001年/Hatje Cantz Pub カバー 帯

マーク・ロスコ Seeing Rothko The Rothko Book
マーク・ロスコ Seeing Rothko The Rothko Book
Bonnie Clearwater
2007年/Tate 英語版

ボヘミアンズ・ギルドでは様々なジャンルの本を買取しています。美術書は勿論、哲学、社会学、映画、音楽等々、お持ちになられている素敵な本をぜひお売り下さい♪
詳しくはこちらまで☞★★★

新入荷 サイ・トゥオンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃

177780 (1)

どうも、こんにちは。

ボヘミアンズ・ギルドにアメリカ抽象表現主義の流れをくむ画家サイ・トゥオンブリーのペインティング・レゾネが入荷しました。

サイ・トゥオンブリー Cy Twombly 1928-2011
アメリカ、ヴァージニア州生まれ。画家・詩人。
1950年代半ば、同じくNYで活動していたロバート・ラウシェンバーグジャスパー・ジョーンズらとともにその名を知られるようになります。1951年にラウシェンバーグの勧めで、ブラックマウンテン・カレッジのサマー・セミナーに学び、ロバート・マザウェルから強い影響をうけます。トゥオンブリーの作品は大型で知られ、自作の詩・古典詩・数字などが入り混じった平面作品は 、ジャクソン・ポロックマーク・ロスコらの抽象表現主義の第1世代とは違った不確定さを持ち、謎めいたロマンと特異な神話世界を描きだします。67年以降はイタリアに定住し、晩年は郷里のレキシントンとイタリアを半々に滞在し制作を続けていたようです。絵画だけでなく彫刻作品や写真作品も数多く制作しました。

入荷しました商品はこちら。

「サイ・トゥオンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃」

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly: Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃 Cy Twombly Heiner Bastian編 1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

サイ・トゥオンブリー カタログ・レゾネ Cy Twombly:
Catalogue Raisonne of the Paintings 全4冊揃

Cy Twombly Heiner Bastian編

1992-1995年/Schirmer/Mosel 英・独語版 カバー 函 全4冊揃

今回ご紹介した商品はボヘミアンズ・ギルド2Fブック・ギャラリー、カタログ・レゾネのコーナーにございます。
ご来店お待ちしております。

その他サイ・トゥオンブリーの商品はこちらからご覧いただけます。

買取のご案内

サイ・トゥオンブリーはもちろん、抽象表現主義やミニマル・アート、ポップ・アートなどのアメリカ現代美術に関する作品、資料、作品集は高価買取中です。

高価買取作家
ジャクソン・ポロック、ウイレム・デ・クーニング、マーク・ロスコ、バーネット・ニューマン、ジャスパー・ジョーンズ、アンディー・ウォーホル、ロイ・リクテンスタイン、トム・ウェッセルマン、クレス・オルデンバーグ、フランク・ステラ、アーシール・ゴーキー、ロバート・マザーウェル、アレクサンダー・カルダー、デイヴィッド・スミス、ルイーズ・ニベルスン、ドナルド・ジャッド、アド・ラインハート、ロバート・ラウシェンバーグ、ジョゼフ・アルバース、ジョゼフ・コーネル、ヘレン・フランケンサーラー、ジム・ダイン、モリス・ルイス、ジョージ・シーガル、クリストetc

夏目書房、ボヘミアンズ・ギルド、神保町ファインアーツでは買取を随時行っております。
上記以外のものでも古書から美術品まで、多種多様に買取いたします。お気軽にご連絡ください。


**人形作家 友永詔三の書籍が入荷しました**

友永の書籍が入荷しました♪

1979~1982まで、NHKで放送された人形劇「プリンプリン物語」の人形を手掛けた作家です。

その発端は、演出家ピーター・スクリベンとの出会いです。
ピーター・スクリベンの主催していた 人形劇団のデザインを依頼され、本格的な人形作りにはじめて関わりました。
そしてそのまま、
ピーター・スクリベンの本拠地・オーストラリアに旅立ち、数年間をその地で過ごし、さまざまな勉強をしました。
この経験が、その後の彼の人形作家としての考え方や作風などに多大なる影響を与えたようです。

日本に戻ってからは、母校の東京デザイナー学院の講師などを経て、35歳のとき、「プリンプリン物語」の人形デザイン、制作をはじめました。


「プリンプリン物語」では、500体以上の人形を制作!

大きな作品はなんと、トイレットペーパーが使われています!
トイレットペーパーに木工用ボンドを混ぜて粘土状にし、それを芯に貼付けていくと、乾いたときにかなりの強度になるそうです。

実際の戦国時代に使われていた鎧も、紙を使用したものもあり、そこからヒントを得てトイレットペーパーを使ったようです。


「プリンプリン物語」の人形には、間接部分に球体を入れ、人間とほぼ同じ動きをとることができるようにしてあります。

“球体関節人形”と言うとハンス・ベルメールを筆頭に、四谷シモンや天野可淡、恋月姫などの退廃的で耽美なお人形、というイメージがありますよね。

「人形というと人間の陰のものが多く情念の世界がもてはやされるが、
私は少女の裸身のまま、太陽の下で生きていく陽の部分の多い作品を作っていきたい。」

友永のこのことばは、彼の作品にすごくよく現れていると思います。

“陰”を表現する作品は、退廃的で耽美な雰囲気を醸し出し
根底に“陽”のある友永の作品からは、それはまったく感じられません。

そのことが、人形が苦手な私が友永の作品に惹かれた理由だと思います。

「人形ってちょっとこわい…」と思っている方、ぜひ友永の作品集を手にとってみて下さい♪
人形に対するイメージが変わるかもしれません。

夏目書房&ボヘミアンズ・ギルドでは、様々な書籍の買取をしております。
お売りいただけるものがございましたら、是非ご連絡下さい♪

もちろん、人形関連書籍も大歓迎です!

もの派より 菅木志雄

どうも。

本日はもの派の中心人物の1人、菅木志雄の作品が入荷しましたのでお知らせいたします。

菅木志雄とは?

【展覧会概要】
菅木志雄(1944-)は1960年代後半より木や石などを用い、自然物とそれを取り囲む空間を探求し続けている美術作家です。多摩美術大学に学び、在学中の1967年にシェル美術賞展で第一席に入選した菅は、自然物や建材を仮設的に配置する独自の制作手法によって、未加工の物質を作品として提示し当時「もの派」と呼ばれた作家の1人として注目を浴びました。1960年代後半は大学紛争など社会制度が大きく揺れ動き、美術においてはミニマル・アートやアース・ワークなど海外の動向を視野に入れつつ、「つくること/つくらないこと」という根源的な問題から作家と物質の関係が厳しく問い直された時代でした。
菅の作品の独自性はさまざまな素材が接し、つながれ、囲われることで物質が相互に依存し合う場を生み出す点にあります。作品は一時的な状態であり完結することがなく、時代や場所を変え再制作されるそのシステムに作品の可能性を見出すことができます。刻一刻と変化する私たちを取り巻く複雑な環境に向かい、普遍的な構造を抽出しようとする作家の鋭敏な感性が作品には反映されていることでしょう。
本展では「野展」と称して写真でのみ記録された野外作品が40年の歳月を経て制作され、70年代以降から新作まで時代ごとの代表的な作品が展示されます。また鑑賞者の前で数多く実践された「アクティヴェイション」(作家によるパフォーマンス)や、制作と並行して執筆されてきた批評など貴重な映像・図書資料を交え、国際的な評価とともに近年改めてその現代的な意義が問われる菅の「一過性の世界」の構造に向けられた思考をたどりま菅木志雄(1944-)は1960年代後半より木や石などを用い、自然物とそれを取り囲む空間を探求し続けている美術作家です。多摩美術大学に学び、在学中の1967年にシェル美術賞展で第一席に入選した菅は、自然物や建材を仮設的に配置する独自の制作手法によって、未加工の物質を作品として提示し当時「もの派」と呼ばれた作家の1人として注目を浴びました。1960年代後半は大学紛争など社会制度が大きく揺れ動き、美術においてはミニマル・アートやアース・ワークなど海外の動向を視野に入れつつ、「つくること/つくらないこと」という根源的な問題から作家と物質の関係が厳しく問い直された時代でした。

菅木志雄は静岡県伊東市在住の現代美術家。1960年代後半より木や石などを用い、自然物とそれを取り囲む空間を探求し続けています。自然物や建材を仮設的に配置する独自の制作手法によって、未加工の物質を作品として制作しています。
多摩美術大学に入学し、大学で教鞭をとっていた斎藤義重と高松次郎という2人の作家が菅に大きな影響を与えました。斎藤義重が教鞭を取る斎藤義重教室では、菅をはじめとする学生にモダニズムと欧米を中心とする芸術理論に対し脱構築的アプローチをとることを促しました。また、もうひとりの教師である高松次郎は、だまし絵のような絵と彫刻で当時の東京のアートシーンの中核をなしていました。その影響からか、菅の初期作品は高松のアプローチを反映しているといえます。
在学中の1967年にシェル美術賞展を第一席に入選するなど活躍し、当時「もの派」と呼ばれた作家の1人として注目を浴びました。
1968年の椿近代画廊での初個展での初個展以降、個展やグループ展などにに多数出展するなど活動し、2015年の現在では日本を代表する現代美術画廊である小山登美夫ギャラリーに所属しています。
また作品制作と並行して、多くのパフォーマンスやや執筆による批評行為などを行い、さらには小説の執筆(『渡海鳴鳥』、『樹下草怨』)、映画製作(『存在と殺人』)など活動は多岐にわたっています。
現在は「もの派」への関心が世界的に高まり、もの派の中心人物の1人としても菅木志雄の評価が高まっています。

当店にもそんな菅木志雄の作品や書籍がございますので数点紹介いたします。

菅木志雄画額「横切るもの-12」

1982年/ ペン/マジック 紙 裏面にサイン、タイトル、年紀 23×50 額28.5×56

菅木志雄立体作品「Work」

2010年/ セメント/木材 底面にサイン 5.5×5.5×H9

菅木志雄

1981年/ 東京画廊 英・仏語版小冊子付

菅木志雄 景の背立

1989年/ 鎌倉画廊 少傷み

菅木志雄の作品、資料、作品集など「もの派」や日本前衛美術に関するものは高価買取中です。
特に菅木志雄、李 禹煥、関根伸夫、小清水漸、吉田克朗、榎倉康二などの立体作品や岩彩、アクリル、ドローイングなどの自筆作品、版画などは買取強化しております。
お持ちのもので手放したいと悩んでいる方は是非1度ご相談ください。→

また、夏目書房、ボヘミアンズ・ギルド、神保町ファインアーツでは買取を随時行っております。
上記以外のものでも古書から美術品まで、多種多様に買取いたします。お気軽にご連絡ください。→

ページの先頭へ