2015 8月 1| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 草間彌生、奈良美智、具体美術、ウォーホル、カウズ、バンクシーなどの誠実買取

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

ザハ・ハディッド作品集あります。Zaha Hadid

こんばんは。
オリンピックは他の国でやって
テレビで観るのがいいと思います。
大西です。

ちょっと遅いですが、新国立競技場の設計で
なにかと話題のザハ・ハディッドの作品集をご紹介します。

みなさんニュース等でだいたい知ってると思うので略歴は省きますが、
個人的には、そんなに批判されるデザインかなあとは思います。
シド・ミードの世界にありそうです。
東京がますますとりとめのない感じになってよさそうですけどね。

ザハ・ハディド GAアーキテクト5 世界の建築家

二川幸夫企画・編

1986年/A.D.A.Edita Tokyo 少ヤケ

「アンビルト」の建築家として名高いですが

何次元かわからない空間に、、

よくわかんない浮遊物

空気とかあるのかなあ

プール!

はみ出してる

なんかもうよくわかんなくなりますが、
かっこいいからいいんじゃないでしょうか。

他にも

ザハ・ハディド 最新プロジェクト Zaha Hadid Recent Project

二川幸夫

2010年/A.D.Aエディタトーキョー

ザハ・ハディッド Zaha Hadid: Architecture

Zaha Hadid

2003年/Hatje Cantz Pub 独・英語版

在庫場所が、ボヘミアンと夏目書房で分かれているのでご注意ください。
お気軽にお問合せください。

夏目書房、ボヘミアンズ・ギルド、神保町ファインアーツでは
買取を随時行っております。
古書から美術品まで、多種多様に買取いたします。
お気軽にご連絡ください。

第6回企画展「野田哲也」 神保町ファインアーツ

こんにちは。
8月はもはや夏の終わりのニオイがします。

8/1(土)より、神保町ファインアーツでは
版画家・野田哲也の作品の展示・販売を開催します。

野田哲也 版画家
1940年 熊本県生まれ
1968年 初めて出品した東京国際版画ビエンナーレで国際大賞を受賞し、
一躍注目を集める

野田哲也氏といえば、国際的にも高い評価を受けている「日記シリーズ」という作品で知られていると思います。

「日記シリーズ」は、1968年に奥様のドリット夫人との出会いより始まり
今日も継続して創作している、多色刷り木版と写真をベースにシルクスクリーンというユニークな組み合わせを手漉き和紙の上に表現した作品です。
「日記(Diary)」という名の通り、作品のタイトルはすべて日付です。

野田哲也

ベースとなる写真は必ず自身で撮影し、
撮った写真はそのまま使用しているわけではなく、中心となる被写体の背景は排除したり、モノクロでプリントしてあるものに独自に色を加えたりと自分の表現で作品を生みあげていきます。

これは写真の「レタッチ」と似ていますね。
レタッチというと、肌をきれいにしたり色を変えたり、ないものを持ってきて合成したりと一般的には虚像のようなマイナスイメージがあると思います。
ですが、作品というものは「見たそのまま」ではなく「自分の眼に映った世界」あるいは「見たい世界」を表現するものだと思います。
(創作をする上で自分のルールやプライドが無いこととは違います)

野田氏も、このような不必要なものを排除したり色を乗せることを
「料理」と呼んでおり、自身の作品については
現実的な配置のなかにどれだけ抽象的な要素を盛り込めるかということを見せたい
と語っています。
自分の求める味を追求することが創作なのだと感じます。

話がやや逸れましたが、
当展示では、当ギャラリーが所有する「日記シリーズ」14点の展示・販売を致します!

野田哲也

人物・家具・食物・植物・・・
多種多様なモチーフがありますので、ひとつひとつの表情や色、技法をじっくり見ていただきたいです。

野田哲也

「第6回展示企画 版画家 野田哲也」
会期: 2015年8月1日(土)〜2015年8月29日(土)
展示作家 :野田哲也
会場:神保町ファインアーツ
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の左2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

野田哲也WEB用2-1024x739

ユニークかつミステリアスな野田哲也作品群を
この暑い神保町を散策がてら是非ご覧ください。

ページの先頭へ