テオドール・アドルノ 否定弁証法他| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 ボヘミアンズ・ギルド

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

テオドール・アドルノ 否定弁証法他

今回はテオドール・アドルノ関係の本をいくつかご紹介します。

アドルノ

テオドール・アドルノ(1903-1969)はドイツの哲学者で、
同時代を生きたホルクハイマーやハーバーマスらと共に、
フランクフルト学派の代表的な人物です。


否定弁証法 ミニマ・モラリア

否定弁証法

テオドール・W・アドルノ

木田元他訳

1996年/作品社

ミニマ・モラリア

傷ついた生活裡の省察

テーオドル・W・アドルノ

1986年/法政大学出版局

アドルノ=クシェネク往復書簡 1929-1964 ベンヤミン アドルノ 往復書簡 1928‐1940

アドルノ=クシェネク往復書簡

テオドール・アドルノ/

エルンスト・クシェネク

1988年/みすず書房

ベンヤミン アドルノ 往復書簡

ヴァルター・ベンヤミン/

テーオドーア・W・アドルノ

1996年/晶文社

フランクフルト学派の展開 現代思想 1975年5月号 フランクフルト学派

フランクフルト学派の展開

徳永恂

2002年/新曜社

現代思想 1975年5月号

1975年/青土社


アドルノが生きた時代はまさに激動の時代でした。
ユダヤ系であったアドルノはナチスから逃れるために、アメリカへ亡命します。
そこで盟友ホルクハイマーと「啓蒙の弁証法」を書き上げます。
そこでは、何故ここまで文明の発展した人類が、
ナチスのようなファシズムに傾いてしまうのか 徹底的に書き込まれています。
以前ここでご紹介してきた多くの哲学者たちも
何かしらの戦争体験をしている人物が多かったように思います。
果たしてその悲惨な体験が無かったら、彼らはどんな思想家となっていたのでしょうか。

フランクフルト学派

今回ご紹介したアドルノフランクフルト学派関係の本は勿論、
夏目書房では様々なジャンルの本の買い取りを行っております。

買い取りをご希望の方はコチラからどうぞ。

ページの先頭へ