デカルト 「我思う、ゆえに我あり」| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

デカルト 「我思う、ゆえに我あり」

今回はデカルト関係の本をご紹介します。

デカルト

ルネ・デカルト(1596-1650)はフランス生まれの哲学者です。
「我思う、ゆえに我あり」という命題はあまりにも有名です。
当時、信仰に重きを置くスコラ哲学が主流の時代に、
神学の域を出ていなかった哲学を
現代まで続く大きな学問へと進化させたデカルトは、
「近代哲学の父」と呼ばれています。


現代デカルト論集1 現代デカルト論集2

現代デカルト論集1 フランス篇

デカルト研究会編

1996年/勁草書房

現代デカルト論集2 英米篇

デカルト研究会編

1996年/勁草書房

教育思想とデカルト哲学 英仏普遍言語計画 デカルト、ライプニッツにはじまる

教育思想とデカルト哲学

相馬伸一

2001年/ミネルヴァ書房

英仏普遍言語計画

ジェイムズ・ノウルソン 浜口稔訳

1993年/工作舎

デカルトの誤謬論 ラショナリスムの学問理念 デカルト論攷

デカルトの誤謬論

池辺義教

1988年/行路社

ラショナリスムの学問理念

三嶋唯義

1984年/行路社


デカルトはとにかく全てを疑います。
今朝食べたものの味や、目に見えている出来事、
「目覚めている」という自覚さえも徹底的に疑い続けた後で、
「自分があらゆるものを疑っている瞬間は、自分が何者かでいなければならない 」
という考えに到達します。
「我思う、ゆえに我あり」の誕生です。
私たちはには当たり前の事のようですが、
後の時代の哲学者たちはこの一見シンプルな命題を
証明したり、反論したりするのに
気の遠くなるような時間と労力を消費させられることとなります。

今回ご紹介したデカルトは勿論、
夏目書房では哲学書や学術書の高価買取を行っています。
買取りを ご希望の方はコチラからどうぞ。

ページの先頭へ