渋谷にいくなら!レオ・レオニ♪| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

渋谷にいくなら!レオ・レオニ♪

Bunkamuraで開催中のレオ・レオニ展に行って参りました♪


もともとグラフィックデザイナーであるレオニの絵本は、
動物がかわいいのはもちろん、全体のバランス・色の合わせ方が抜群ですよねー♪
ふんわり感を出すために、手でちぎったねずみちゃんのカラダは本当 かあいい♡

 

 

 

 

はじめての絵本は49歳のとき、孫のために描いた「あおちゃんときいろちゃん」。
 
これは子どものころ怖かったな、目がなくて。 

 

レオニの物語は哲学的で深いお話が多いので、子どもよりも大人のための作品という印象です。

これは、自分のことを“誰かの一部である”と思っていたペツェッティーノが
こなごなになってみてはじめて、自分も“部分”の結合でできていることを知るというお話。 

 つまり自らの存在意義を見つめ直す物語ですね。


 


レオニはこどもの頃、ガラスケースの中に石や植物を並べた空想の庭を作っていたそうです。
それを絵にしたのが「平行植物」シリーズ。
“時空のあわいに棲み、われらの知覚を退ける植物群”と位置づけられる幻想植物は
植物であるにも関わらず、無機質で少し恐ろしい。

一人でこのような庭を作っていたレオニは、少し自閉的なところがあったのかもしれません。 

 

 

翻訳版はなんと工作舎より刊行!
読んでみたいです。 

 

レオ・レオニ関連書籍はもちろん、
夏目書房では様々なジャンルの書籍の買取を行っています。

買取りをご希望の方はコチラからどうぞ。

ページの先頭へ