滝口修造作品入荷しました。デカルコマニー| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 草間彌生、奈良美智、具体美術、ウォーホル、カウズ、バンクシーなどの誠実買取

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

滝口修造作品入荷しました。デカルコマニー

こんにちは、スズキです。
滝口修造の画額が数点入荷しました。ご紹介します。

—————————————————————————————————————————
日本のシュルレアリスム運動において、理論的、精神的支柱として多くの
芸術家を支援し続けた滝口修造。

美術評論家また詩人として活躍する一方で芸術家として自らの作品も残しています。

その中でも代表作として名高いのが『デカルコマニー』フランス語で「転写法・転写方式・転写画」を意味するこの作品は、製作者または見る者の無意識を表層化しています。自動筆記やデペイズマン、夢への関心など、精神科医フロイトの強い影響下にあったことなど、人々の無意識の創造性を強く信じたシュルレアリスムの精神が確かに感じられるものでシュルレアリストとして滝口修造を再度提示した作品群です。

絵具の上からガラスまたは紙を押し付け、はがすと偶然に生まれる形態を作品にしています。ロールシャッハテストの技法にも似た制作方法で心理状態や精神の流れを表す鏡のような不思議な作品です。

デカルコマニー自体は芸術家オスカー・ドミンゲスによる発明で、その後ハンス・ベルメールなども卓越した作品を残しています。ベルメールのデカルコマニーは色彩鮮やかでインパクトがある一方、滝口修造の作品は静謐で長い時間をかけた水の流れのような、また土の重なりのようなイメージを湛えたものになっています。
—————————————————————————————————————————

瀧口修造画額「デカルコマニーⅢ-08」
瀧口修造画額「デカルコマニーⅢ-08」
Shuzo Takiguchi
デカルコマニー 紙 10×13.5 額36×44
「瀧口修造展Ⅲ(ときのわすれもの)」図録掲載予定

瀧口修造画額「デカルコマニーⅢ-03」
瀧口修造画額「デカルコマニーⅢ-03」
Shuzo Takiguchi
デカルコマニー 紙 13.5×10 額44×36
「瀧口修造展Ⅲ(ときのわすれもの)」図録掲載予定

瀧口修造画額「デカルコマニーⅢ-01」
瀧口修造画額「デカルコマニーⅢ-01」
Shuzo Takiguchi
デカルコマニー 紙 13.5×10 額44×36
「瀧口修造展Ⅲ(ときのわすれもの)」図録掲載予定

瀧口修造画額 Shuzo Takiguchi
瀧口修造画額
Shuzo Takiguchi
1962年/バーント・ドローイング 墨 紙 サイン 献呈識語 39×27 額78.5×61.5
「献 楽園先生 毛詩曰 詩者志之所之也在心為志 発言為詩 嗚呼 我発示言 水火混沌如斯矣」

ボヘミアンズ・ギルドでは画集、写真集のほかにも様々なジャンルの書籍買取をしています。お売りいただけるものがございましたら是非ご連絡ください。☞くわしくはこちらから

ページの先頭へ