2014 7月| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

夏は宇宙!「全宇宙誌」「シュタイナー」等、宇宙本?ご紹介します。

こんばんは。
7月も終わりですね。
夏満喫してません。
大西です。

夏といえば海、山、、
宇宙ですよね。
広大な自然の中で自分なんかちっぽけな存在だなーと日々の憂さ晴らしをするなら
山<海<宇宙
です。
宇宙の中に全部ありますからね。
ただ宇宙に行くお金も時間もない。
ならこの本です。


全宇宙誌 空前の「星書」

松岡正剛編 杉浦康平アートディレクション

1980年/工作舎 プラスチックカバー少傷み・少欠

説明するのも野暮なずばりなタイトル。
アートディレクションは杉浦康平
空前の「星書」、と謳うだけの事はある隙のなさです。
宇宙のことはたいていのってます。
わかりやすいですし。
ブラックホールに対してホワイトホールってのもあるんですね、、。

杉浦康平のアートディレクションが冴えわたっています。

他にも宇宙の本をちょっと探してみたんですが、、
宇宙といえばこの映画ですよね。

スター・ウォーズ オリジナル・イラスト集

渡辺洋編

1978年/バンダイ カバー傷み 歪み

宇宙というよりSFですが、、。

シド・ミード Oblagon: Concepts of Syd Mead

Syd Mead

1985年/講談社 カバースレ・ヨレ

ついでに宇宙とは全然関係ないかもですが、タイトルに「宇宙」が入った本です。
壮大なものが多いはずです。

ルドルフ・シュタイナーの著書にもやたら宇宙の文字が。


四季の宇宙的イマジネーション

ルドルフ・シュタイナー

1988年/

風の薔薇 カバー 書込み・線引き

宇宙のカルマ 「カルマ論」集成5

ルドルフ・シュタイナー 松浦賢訳

1996年/イザラ書房 カバー少汚れ

そういえば、シュタイナー展は8/23日までですね。
1度行ったのですが、難しくてよくわからなかったのでもう1度行ってみようと思います。
期間中は何度でも入れるっていいですよね、ワタリウム。

ヤフーオークションにて、版画や浮世絵などの美術品から初版本や署名本や限定本まで、多数出品しております。→こちらからご覧下さい。
毎週新しい商品が出品されますので、どうぞお見逃しのないようお願いします。

夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡下さい。

ルーチョ・フォンタナの作品集が入荷しました。

ルーチョ・フォンタナの作品集が入荷しました。


ルーチョ・フォンタナ(1899-1968)はイタリア、アルゼンチンの芸術家です。アルゼンチンのロサリオ・サンタ・フェに生まれ、6歳の時にイタリアに移住し、その後ミラノの美術学校で学びます。1930年頃から抽象彫刻を制作し始めます。1946年ブエノス・アイレスで「白の宣言」、1951年ミラノで「空間主義技術宣言」を発表。ネオンを用いた環境的な作品、切り裂かれたキャンバスなどの実験的な作品は既存の美術概念を揺るがしました。第二次大戦後の美術の展開に大きな刺激を与えた芸術家の一人です。

ルーチョ・フォンタナ Fontana and the White Manifesto 1946
ルーチョ・フォンタナ Fontana and the White Manifesto 1946
Michel Tapie
1962年/Harry N. Abrams 英語版 カバー少傷み ビニールカバー破れ

ここでルーチョ・フォンタナの作品集の紹介です。1962年にHarry N. Abramsから出版されたものです。1930年から1961年までの作品が各ページに1作品ずつ乗っています。濃淡のはっきりした印刷で作品の生々しさも感じられ、作風の移り変わりも楽しめます。フォンタナ絵画や彫刻だけでなく、キャンバスの切れ目の向こうに新しい空間を想像し、つくりあげました。そんなフォンタナの芸術家としてのエネルギーを感じられる書籍です。カバーの状態はあまり良くないですが、中身は問題なくご覧になれます。

フォンタナの書籍はまだ、在庫ございますので店頭かサイトでご確認ください。


夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡下さい。

**楢橋朝子写真集「Half Awake and Half Asleep in the Water」入荷しました**

楢橋朝子の写真集「Half Awake and Half Asleep in the Water」がボヘミアンズ・ギルドに入ってきました♪


水際をとらえた楢橋朝子の写真は、見ているとなんだか不思議な気持ちになってきますね。
距離感がつかめません。

「Half Awake and Half Asleep in the Water」は、日本を写した写真集のようです。
きらきらしてるのに濁ってる海、そこから見える風景……なんだか懐かしさを覚えませんか。
私は海に行きたくなりました。

では最後に、この写真集でもっとも日本らしい2枚を。

富士山と海。いいですね、キレイです。

本当の海はちょっと……でも、気分だけは海を味わいたいな、という方、ボヘミアンズ・ギルドを覗いて見て下さい♪

楢橋朝子の書籍はこちらからどうぞ。


夏目書房では、さまざまなジャンルの書籍の買取をしております。
お売りいただける書籍がございましたら、是非ご連絡ください。

夏目書房、赤瀬川原平まとまっています。ハイレッド・センター/高松次郎/中西夏之

こんばんは。
辛い物はおいしいですね。
大西です。

今回は、というか今回も、なんですが夏目書房本店からです。
赤瀬川原平がけっこうまとまってあるのでご紹介しようと思います。
文庫や均一本まで集めたらけっこうありました。

言わずとしれたハイレッド・センターのレッドです。
芸術家、では括れない幅広い活動で知られる赤瀬川原平ですが、こんなに本を出しているんですね、、。
赤瀬川原平は本名ではなくて、赤瀬川克彦の画数が悪いと、世界のギューちゃんこと篠原有司男のお母さんが変えたそうです。
非常に興味深い話です。
そういえばボヘミアン1Fレジ横、今ギューちゃんです。

篠原有司男画額「大看板」

Ushio Shinohara

1972年/水彩 サイン 72×57.5 額78.5×63.5

赤瀬川原平宅の屋上には、ニラが植えられているそうです。

前衛です。
ちょうど収穫期でしょうか。

個人的なオススメはこれです!

超芸術 トマソンの冒険

赤瀬川原平

1996年/ジャストシステム 函少ヤケ CD-R付属

トマソンとは造語で、簡単に説明するとこういうことを指してるんですが、、。

純度の高い意味のないものみたい感じです。
行き場のない階段とか。純粋階段。
VHSついてます。

07-Watchdog-II

ブルーレイが幅を利かせつつある時代ですが、ナム・ジュン・パイクばりにこういう感じで観て欲しいです。
ハイレッド・センターのよき理解者ですしね。

暑いですが、本片手にトマソン散策とかどうでしょうか。
池袋モンパルナス辺りなど。
8/3まで西口公園でベルギービール祭みたいなのもやってますし。
お待ちしております。

他の赤瀬川原平の本はこちらからご覧ください。

高松次郎の本はこちらからご覧ください。

中西夏之の本はこちらからご覧ください。

ハイレッド・センター関連の本はこちらからご覧ください。

ヤフーオークションにて、版画や浮世絵などの美術品から初版本や署名本や限定本まで、多数出品しております。→こちらからご覧下さい。
毎週新しい商品が出品されますので、どうぞお見逃しのないようお願いします。

夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡下さい。

**ムナーリの絵本**

美術家、グラフィックデザイナー、絵本作家、教育者などなど……さまざまな顔を持つブルーノ・ムナーリ。

今回は、そんなムナーリの絵本のしごとについてご紹介したいと思います♪

18歳の時、イタリアの前衛運動のひとつである「未来派」の活動に参加していたムナーリ。
はじめての絵本
「ワシのひな」(挿絵)の表紙は航空絵画、バリバリの「未来派」です。
機械の発展した近代社会のスピード感がでてますよね!

また、レオ・レオニもムナーリと同じく後期未来派の活動に参加していて
二人はここで交流を持ちます。


「ワシのひな」から10年程経った1940年代には、少年少女向けの学習書「空気、水、大地、世界」を皮切りに様々な絵本を出版しました。

こちらは1942年に出版された「ムナーリの機械」。

これは……
“学生時代、友人たちを笑わせようと思って、ただそれだけの理由で、描いたものである”
だそうです。


ムナーリの思惑通り、思わず笑ってしまう「ムナーリの機械」をひとつご紹介~♪
シャンパンボトルの底に穴を開ける機械


鳩時計の時間セット
②時計の窓からハトが飛び出す
飛び出したハトを見て驚くウサギ
④驚いたウサギが持っていた小包を落とす
小包が網の中に落ちる
⑥網は柄の真ん中に付けたクリップを支点にして弾む
弾んだ網の柄の端が動いて拳銃の引き金を引く
⑧拳銃から弾丸が発射!
弾丸がシャンパンボトルの底に命中して穴が空き、シャンパンがグラスに注がれる

と、こんな具合にユーモアたっぷり機械たちが描かれています。
気持ちが落ち込んでいる時、オススメの一冊!

続いてはしかけ絵本です♪

息子アルベルトが5歳になったとき、ムナーリは絵本を探します。(字が読めるようになったんですね!)
ですが、おもしろい絵本が見つかりませんでした……。
第二次大戦直後なので、数も少なかったのだと思います。

そこでムナーリ、なんと自ら絵本を10冊も作ってしまったんです。
しかもすべて“しかけ絵本”という、なんとも素敵なお父さんです!

1945年には、その10冊のうちの7冊がモンダドーリ社から出版されました。
モンダドーリ社発行の絵本シリーズ、ボヘミアンズ・ギルドに3冊入ってきました〜☆


「il prestigiatore verde」はマジシャンのお話。
紺地っていいですよね♪どの色もパッと映えてます!

つづいて「il venditore animali」はどうぶつやさん。ペットショップとは少し違いがありそうですね。
けむしやらコウモリやら、ちょっとおかしな動物をひもで繋いじゃっています。

そして最後は「storie di tre uccellini」。
三原色のかわいい鳥ちゃんのお話です♪

夏目書房、ボヘミアンズ・ギルドでは、他にもムナーリの書籍多数取り揃えています。
ご興味のある方はご覧になってみて下さい!

池袋店、新しい棚つくりました。コスタビ、デュシャン、李禹煥、マーク・ゴンザレス、、色々あります。

こんにちは。
はやくビールが飲みたいです。
大西です。

今回は夏目書房、池袋本店からお届けします。
前回は浮世絵/漫画コーナーをご紹介しましたが、今回は店を入ってすぐ横にある棚を。
新入荷の軽めの図録や作品集を置いているのですが、けっこう回転はやくちょくちょく入れ替えています。
今はこんな感じです。

個人的にいいなあと思ったものを置いています。
目につく範囲でざっと紹介していくと、、。
まず後頭部つながりで置いた、コスタビ
(裏表紙)とデュシャン

マーク・コスタビ Kostabi World Spring 1991

Mark Kostabi/Seiichi Tanaka

1991年/Ergane Gallery/Lazy Susan 英語版

マルセル・デュシャン Marcel Duchamp: 66 Creative Years from the First Painting to the Last Drawing

Arturo Schwarz

1972年/Gallery Schwarz 英語版 表紙傷み

☆のとこのホクロがいいです。

その横に、デュビュッフェ


ジャン・デュビュッフェ展 Jean Dubuffet: New Sculptures and Drawings

1968年/The Pace Gallery 英語版 少汚れ

ジャン・デュビュッフェ Jean Dubuffet Paysages Du Mental

Michel Ragon

1989年/Skira 仏語版

機関赤瀬川原特集と中村宏特集。

機関14 美術をめぐる思想と評論 赤瀬川原平特集

赤瀬川原平

1987年/海鳥社 帯貼付 少ヤケ

機関15 美術をめぐる思想と評論 中村宏特集

1990年/海鳥社 少ヤケ・少汚れ

奥にかすかに李禹煥イッセイ・ミヤケが見えてますね。

李禹煥・全版画 1970-1986

白田貞夫

1986年/シロタ画廊 背にシール貼付

そういえば最近これを読んだのですが、おもしろかったです。


時の震え 小沢コレクション29

李禹煥

1990年/小沢書店 カバー 帯

李禹煥といえばの、あの筆で「ちょん」ってやつについてあんま自信ないって言ってる下りがよかったです。

三宅一生展 プリーツ・プリーズ Issey Miyake Pleats Please

アーヴィング・ペン写真

1990年/東高現代美術館 筒函少背ヤケ 2冊組

プリーツ・プリーズっていいタイトルですね。
マジョリカマジョルカみたいな。
サマンサタバサみたいな。
どちらもなにかよくわからないですが、、。
韻が固いです。

下の段は、、。

ジャン・エリオンベルナルド・ピファレッティの間からちらりと見えるマーク・ゴンザレス
永遠のヒーローですよね。多彩な人です。

ジャン・エリオン Helion: Dessins 1930-1978

Jean Helion

1979年/Centre Georges Pompidou 仏語版 少スレ 背下部傷み 見返し蔵印

マーク・ゴンザレス Social Problem. Mark Gonzales

林文浩編

1998年/リトルモア 帯

ベルナルド・ピファレッティ Bernard Piffaretti

1991年/Villa Arson 仏語版

まあきりがないので(ありますが、)この辺りでやめておきます。
すぐまた変わると思います。

池袋本店は町の本屋ってスタンスなので、読み物、文庫、哲学や社会学、趣味の本、等々幅広く扱ってます。
が、それだけじゃないんです。
ボヘミアンに負けず劣らずの、、
とまではいかないにしろ
美術、デザイン、建築、写真、、等々の本の充実ぶりは一度店内に入っていただければすぐにわかるかと思います。
ボヘミアンにはよく行くけど、本店の方は行ったことないなあという方。
この夏は、ふらっと池袋店に立ち寄ってみて下さい。
夏目書房とココナツディスクで本とレコード買って、すぐ横のドリームコーヒーで休憩とか悪くないと思います。
あと向かいのピザ屋さんもおいしいです。
お待ちしております。

ヤフーオークションにて、版画や浮世絵などの美術品から初版本や署名本や限定本まで、多数出品しております。→こちらからご覧下さい。
毎週新しい商品が出品されますので、どうぞお見逃しのないようお願いします。

夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡下さい。

ゲオルグ・バゼリッツをご紹介します。

今回はゲオルグ・バゼリッツをご紹介します。

東ドイツ出身の画家、ゲオルグ・バゼリッツはアンゼルム・キーファーやフランチェスコ・クレメンテなどと、新表現主義(ニューペインティング)のひとりとして数えられます。バゼリッツは60年代後半、絵画全般がもつ文学的解釈、意味性を自らの作品から取り除くことに努めました。そして1969年以降、バゼリッツは主題をすべて逆転して描くという解決法を打ち出しました。彼は、肖像、裸体、鷲、風景などをすべてこの方法で描きました。このような、ドイツにおいてすべて伝統的でそれ以上の意味を用い得ないモティーフを選ぶことで特別な意味性を排除しました。上下逆転した人物像からは現実的なイメージを与えることはなく、野性的な色彩や形態にまず目がいきます。視点を変えることで頭で処理をする瞬間を逃し、そこには芸術本来の楽しみ方が存在します。メッセージ性や意味性を考えることなく、そこに存在する絵画そのものの重要性を感じることの出来る芸術家のひとりです。

ゲオルグ・バゼリッツ Georg Baselitz: La Grande Notte in Bianco

ゲオルグ・バゼリッツ Georg Baselitz: La Grande Notte in Bianco
2008年/Gagosian Gallery 伊語版

ゲオルグ・バゼリッツ Georg Baselitz: The Turning Point, Paintings 1969-71

ゲオルグ・バゼリッツ Georg Baselitz: The Turning Point, Paintings 1969-71
2004年/Gagosian Gallery 英語版

ゲオルグ・バゼリッツの書籍は他にもまだ在庫ございますので、サイトでご覧になるか店頭で直接ご確認ください。

夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡下さい。

落語の書籍、ご紹介〜**

先日、上野の鈴本演芸場で落語を見てきました。
笑い通しの3時間、落語って本当にいいものですね♪

そこで本日は、夏目書房にある落語関係の書籍をご紹介いたします。

まずはこちら、東大落語会編「落語事典」 。

東大落語会とは、東大落語研究会のOBの方々が集まってつくった親睦会だそうです。
卒業してもなお、趣味を通して繋がってるたあ素敵な会じゃあございやせんか。

続いて「古典落語」全5巻揃ってます。
はじめて落語に触れるなら、やっぱり古典落語がいいですよね♪

落語の系譜も押さえておきたいですよねー。
上方落語と東京落語。江戸落語じゃなくて東京落語ともいうんですね。

落語の滑稽話の元祖と言われているのは、京都の僧侶・安楽庵策伝が作った「醒睡笑」。
にも関わらず、現在では京都落語が衰えてしまって、上方落語=大阪落語になってしまっています。

ちょっとおもしろい漱石論もございます。
江戸っ子気質!

落語入門したいなーという方、こちらにどうぞ♪


夏目書房では様々なジャンルの書籍・版画等を買取しております。
お売りいただけるものがございましたら、御連絡下さい。


鬼才デヴィッド・リンチ展 開催中です。書籍も入荷しました。David Lynch

現在、渋谷ヒカリエ内のTomio Koyama Galleryでデヴィッド・リンチ新作版画・写真展が開催中です。今回は夏目書房の書籍ともに芸術家としてのデヴィッド・リンチをご紹介します。

映画監督としては数々の映画賞を受賞し、また世界中にカルト的なファンをもつ鬼才監督として有名です。多くの人々が惹かれるのは作中の台詞、脚本、楽曲、全ての根底に流れる独自の芸術的な意識です。そして映画以外にも絵画、写真、立体作品など、様々な表現方法をもつ芸術家でもあります。

アメリカのモンタナ州ミズーリで生まれたデヴィッド・リンチはプロの画家でもあった友人の父親の影響で美術の道を目指します。そしてワシントン美術大学やボストン美術館付属美術学校で学び始めます。しかし、「ここには、なに一つ触発されるものがない」と留学、転校を繰り返します。その後オスカー・ココシュカに師事するためにオーストリアに渡ります。しかしあまりにも綺麗な街並みにリンチの制作意欲は萎えてしまい、すぐにアメリカに帰国することになります。帰国後、フィラデルフィアにレンガ造りの巨大な一軒家をわずか3000ドルで購入し生活を始めます。工場が点在する程度の侘しい環境と治安の悪さがリンチにインスピレーションを与え、そこから映画制作や芸術活動に没頭していくことになります。

デヴィッド・リンチが影響された芸術家にフランシス・ベーコンがいます。ベーコンの狂気のイメージがリンチの作品に通じていることは容易に理解できますが、本質は、リンチが愛したシュルレアリスムにあるのではないでしょうか。『現実を超えた現実』、『日常と並行して存在する違和感』、はリンチの映画でも感じることができ、徐々に変容していく世界に観客は頭を悩ませ、惹かれていくのです。そして、その美意識はリンチの絵画にも溢れています。淡く、暗い色彩の作品を多く描いていますが、見続けていると徐々に色が抜けていく感覚に襲われます。気付けばどこか違う世界に囲まれているような感覚すらも覚えます。それは日常の中に存在する恐怖であり、そして誘惑でもあるのです・・・。

ここでデヴィッド・リンチの書籍を2冊ご紹介します。

デヴィッド・リンチ Images
デヴィッド・リンチ Images
David Lynch
1994年/Hyperion 英語版 カバー

デヴィッド・リンチ David Lynch: Snowmen
デヴィッド・リンチ David Lynch: Snowmen
David Lynch
2008年/Steidl 英語版 カバー

1冊目は1994年に刊行されたアート・ワーク集です。本のタイトル通り、まさに不穏なイメージの断片集で、リンチの頭の中を垣間見る事ができる書籍です。(ボヘミアンズ・ギルドに在庫がございます)。2冊目は2007年、パリで開催した展覧会「The Air is On Fire」展の際、同時に刊行された写真集です。住宅の前に佇む雪だるまが写った写真、アメリカの平穏な一コマの裏にある不安定さを捉えています。(池袋夏目書房に在庫がございます。)

デヴィッド・リンチ新作版画・写真展は7/14までなのでご覧になりたいかたはお早めに。またデヴィッド・リンチが参加する企画展「イメージメーカー展」も開催中です。

現在、夏目書房/ボヘミアンズ・ギルドには映画関連の書籍が充実しております。ぜひ店舗の方へお越し下さい。また夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡下さい。

スティーヴン・ショア等、夏向け写真集揃ってます。Stephen Shore,Robert Frank,William Eggleston…

こんばんは。
夏ですね。
いいですよねー。
大西です。

夏といえば、、、
旅行ですよね。
学生と老人は、青春18切符でいろいろ行ったりするんじゃないでしょうか。
というわけで、今回はアメリカ全土を旅し記録したスティーヴン・ショアをご紹介しようと思います。

スティーブン・ショア(アメリカ 1947-)は、ニューヨーク生まれでわずか6歳(!)の頃から撮影や暗室作業を始め、
14歳にしてニュ-ヨーク近代美術館の写真部長だったエドワード・スタイケンに写真を購入されます。
そして17歳で、アンディ・ウォーホルのファクトリーの写真を撮影しています。
エグルストンもそうですが、当時あまり主流ではなかったカラーフィルムを作品に使い始めます。
ニュー・カラーですね。
そしてロバート・フランクの「The Americans」と同じ道のりをたどりながら全米を記録していきました。
早熟です。


スティーブン・ショアー写真集 American Surfaces

Stephen Shore

2005年/Phaidon 英語版 カバー 紙袋入 紙袋少傷み

スティーヴン・ショア写真集 Stephen Shore: Uncommon Places The Complete Works

Stephen Shore、Lynne Tillman

2004年/Thames & Hudson 英語版 カバー

スティーヴン・ショア写真集 Witness Number One

Stephen Shore

2006年/Nazraeli 英語版

スティーブン・ショア写真集 Essex County

Stephen Shore

2002年/Nazraeli 英語版

現地の人はどう見るんでしょうか?
僕はアメリカへの憧れがあるので、素直にかっこいいなーと思っちゃうんですが。
やはり違う国という立場から見てなのでしょうか。
エグルストンが京都を撮った写真とかも、
はっとするような視点とかではあるんですが
やはり見慣れた日本というか、、。
現地に住むふつーのおじさんとかに聞いてみたいです。
でも、東松照明が撮る沖縄はかっこいいし、、。
やはり色なんですかね。
日本の住宅とかは地味な色が多いですしね、、。
いやでもヴィム・ヴェンダースが撮った尾道はかっこいいし、、。

と色々考えこんでしまいますが、この夏はスティーブン・ショアやエグルストンの写真集を片手に(大判ですが)
旅してみてはいかがでしょうか?

あと忘れてはいけないのが、こちら。

Roadside Japan 珍日本紀行

都築響一

1997年/ASPECT カバー



ローカル Roadside Japan 珍日本紀行リミックス版

大竹伸朗/都築響一

2001年/アスペクト カバー 帯

大竹伸朗の絵、都築響一の写真を北川一成がグラフィック・リミックスした作品


ローカル 『Roadside Japan 珍紀行リミックス版』限定版

大竹伸朗 都築響一

2001年/アスペクト 大竹画プリント「閉店、岡山吉備津健康ランド」(1995)、都築写真プリント「ドライブイン大仏亭」(1996)入 奥付紙に両者青マジック署名 限100 二重函

日本人の下世話さが出てて最高です。
岡山吉備津健康ランド、実家のすぐそばでした。


Roadside Japan 珍日本紀行 東日本・西日本2冊揃

都築響一

2000年/筑摩書房 カバー 帯 2冊揃 文庫

文庫も出ています。
筑摩書房やりますね。

旅に本はつきものですよね。
駅の本屋もいいですが是非、ボヘミアンズ・ギルドにお立ち寄りください。
お待ちしております。

ヤフーオークションにて、版画や浮世絵などの美術品から初版本や署名本や限定本まで、多数出品しております。→こちらからご覧下さい。
毎週新しい商品が出品されますので、どうぞお見逃しのないようお願いします。

夏目書房では写真集は勿論、様々なジャンルの本を買取しています。
お売りいただける本などございましたら、是非ご連絡下さい。

次のページ →

ページの先頭へ