夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 ボヘミアンズ・ギルド

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

3331 ART FAIR 2021 参加のお知らせ

33310

ボヘミアンズ・ギルドは3331 Art Fair 2021に参加いたします。

展示アーティストはチカンチ・アナスタシア、杉山愛姫、蓮輪友子、長谷川彩織、今井恵の5人の若手アーティストです。

当店開催のチカンチ・アナスタシア個展と合わせてご来場お願い致します。

※当初予定していた大西茅布の出品は諸事情により中止とさせていただきました。
何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

◎開催概要

◆会期 2021年10月29日(金)~31日(日)
[プレビュー] 10月28日(木)15:00 - 20:00 ※ご招待者のみ
10月29日(金)・30日(土) 12:00 - 20:00
10月31日(日) 12:00 - 18:30※会期中の最終入場は閉場30分前まで

◆会場 3331 Arts Chiyoda
〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

◆料金
一般 2,500円
シニア(65歳以上) 2,000円
学生 1,000円
前売り(一般のみ) 2,000円 *ArtStickerにて前売り券を販売中。

◆https://artsticker.app/events/828

*一部エリア無料 [Selection-ROOFTOP(屋上)・Galleries-B1F/2F・「ファースト・パトロネージュ・プログラム 第5回 2021秋」(B1F 104)]

*高校生以下無料

*千代田区民は身分証明書のご提示で無料

*障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料

*会期中再入場可

主催 3331 Arts Chiyoda

チカンチ・アナスタシア個展 開催のお知らせ

チカンチ・アナスタシア個展 開催のお知らせ

ボヘミアンズ・ギルドでは 大阪在住のロシア人アーティスト、チカンチ・アナスタシアの初の個展を開催します。 15 歳で来日したアナスタシアは、高校時代から関西圏の公募展などで頭角を現していました。 大阪芸術大学在学中の現在では、20 歳という若さでありながら、 すでに自らの世界観を確立しています。 幻想的なイメージとビビッドな色彩による彼女の作品は、圧倒的で見る者を魅了します。 ひととき、その世界観に浸ってみてはいかがでしょうか。 初の個展となる本展では、油彩作品約 35 点を展示いたします。 同時期に開催されるアーツ千代田 3331 での「3331 Art Fair2021」にも出展しておりますので、 是非併せてご覧下さい。

チカンチ・アナスタシア個展

会期 :  10月26日(火)~11月2日(火)
12:00~18:00(11月2日は15:00閉場) 入場無料

開催/

ボヘミアンズ・ギルド 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-1 木下ビル2F

交通/

東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線 神保町駅A7番出口から徒歩3分
JR中央線・総武線 御茶ノ水駅/ お茶の水橋口から徒歩7分
東京メトロ 千代田線 新御茶の水駅 B3番出口から徒歩7分

問合せ先 ボヘミアンズ・ギルド
03-3294-3300/ natsume@natsume-books.com
公式サイト http://www.natsume-books.com/

チカンチ・アナスタシア作品はこちら

生な世界を描く

ロシアで生まれ育ち、15 才で来日した 私は、異文化を知るチャンスを得ることが出来た。別世界だと感じる事も ある。しかし、生まれ育ちが異なっても他者の気持ちを感じ取れる事は共 通であると信じている。 私は自分の目を通して、今の世界を生で描き、それに対しての気持ちをモ ノにしようと制作を続けている。私の生き様に不可欠な一部のこのアート 世界を続けなければいられないのだ。 一生アートの世界で生き、学ぶことでより深くこの世界を理解したいのだ。

チカンチ・アナスタシア プロフィール

2001 年 5 月 21 日生まれ ロシア出身

2016 年 ロシアから来日

2017 年 第 8 回帝塚山ジュニアアート展 大賞

2018 年 大阪市立成南中学校を卒業

2018 年 大阪府立門真なみはや高等学校に入学

2018 年 第 70 回高校展(大阪府高等学校美術工芸展)絵画部門 優秀賞

2018 年 第 70 回高校展(大阪府高等学校美術工芸展)絵画部門 優秀賞

2019 年 “世紀のダ・ヴィンチを探せ!” 高校生アートコンペティション・美術部門 最優秀賞

2020 年 大阪府高等学校芸文化連盟美術・工芸部門展覧会 絵画部門 優秀賞

2021 年 大阪芸術大学に入学

大西茅布展「How Was Chifu Made?」開催のお知らせ

2021年岡本太郎賞史上最年少受賞画家
大西茅布展 「How Was Chifu Made?」開催のお知らせ

大西茅布

ボヘミアンズ・ギルドでは2021年岡本太郎賞を受賞した大西茅布の東京での初めての個展を開催致します。

大阪で生まれ育った大西は、小学生ではじめて独立展に応募し最年少で入選、その後もあらゆる賞を受賞し、2021年2月には史上最年少で若手芸術家の登竜門たる岡本太郎現代美術賞の最高賞にあたる岡本太郎賞を受賞しました。

現在彼女は東京芸術大学油絵科に現役合格を果たし、住み慣れた大阪から東京へと拠点を移しており、より制作に集中できる環境に身を置き、日々作品と向き合っています。

今回の個展では「大西茅布展 How Was Chifu Made?」と題して彼女の18年を振り返り、幼少期より現代に至るまでに制作してきた作品をアーカイブとして展示致します。

独立展入選作、岡本太郎賞受賞作並びに本個展のために描き下ろしていただいた大作なども展示しております。

時に古典的ともいえる題材を新しく解釈しなおし、時に現代の社会問題における人々の心情を独特な力強いタッチと色彩で描き出してきた、大西茅布の作品郡を是非ご覧ください。

展示作品

岡本太郎賞受賞作「レクイコロス」4部作などの同展出品作をはじめ、12歳の最年少での独立展入賞作「月に遊ぶ」他のコンテスト受賞作、出品作、それ以前に制作した幼少期の作品から最新作の大作、立体、ドローイングなどの未発表作品などで、大西茅布のいままでの18年間をアーカイブします。

大西茅布展 How Was Chifu Made?

会期 :  8月24日(火)~9月4日(土)
11:00~18:00(9月4日は16:00閉場) 入場無料

2か所同時開催/

文房堂ギャラリー 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-21  文房堂ビル4階
ボヘミアンズ・ギルド 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-1 木下ビル2F

交通/

東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線 神保町駅A7番出口から徒歩3分
JR中央線・総武線 御茶ノ水駅/ お茶の水橋口から徒歩7分
東京メトロ 千代田線 新御茶の水駅 B3番出口から徒歩7分

問合せ先 ボヘミアンズ・ギルド
03-3294-3300/ natsume@natsume-books.com
公式サイト http://www.natsume-books.com/

アートステージ大阪 2021 出展のお知らせ

この度ボヘミアンズ・ギルドは6月11〜13日に開催されるart stage OSAKA 2021に出展いたします。

当ギャラリーでは大西茅布の個展を開催いたします。

大西茅布は本年度2021年の第24回岡本太郎賞を史上最年少の高校3年生18歳で受賞しました。

以前にも小学性にして著名な団体展である独立展に入選し、最年少記録を大幅に塗り替え話題となり、また高校生の時は東京インディペンデントに巨大絵画を出品して注目されるなど、大阪に天才少女画家ありと、名を知られておりました。
岡本太郎展受賞後、今春東京藝術大学油絵科に現役で合格し、生まれ育った大阪から東京へと拠点を移しました。
このアートステージ大阪が彼女の最初の個展となります。
東京そして岡本太郎展からのホームグラウンド大阪への凱旋展でもあります。
岡本太郎美術館に展示された作品はもちろん新作も展示いたします。
彼女の圧巻の世界観、技術力、創造力を是非お楽しみください。


40527

art stage OSAKA 2021は新型コロナウィルスの感染拡大に伴い会期が変更となります。
以下ご確認ください。

art stage OSAKA 2021

ボヘミアンズ・ギルド

アーティスト | ARTIST
大西茅布 Chifu Ohnishi

会場 │Venue
堂島リバーフォーラム
(大阪府大阪市福島区福島1-1-17)

期間 | Date:
6/11 – 6/13
プレビュー | preview: 6/10

ブースNo.10 | Booth No.10

https://artstageosaka.com/

ゲルハルト・リヒター EDITION WORKS ボヘミアンズ・ギルド2Fブックギャラリーで開催中

DSC_1056

ゲルハルト・リヒター EDITION WORKS

会期: 2021年3月8日(月)- 3月21日(日)※終了しました

会場: ボヘミアンズ・ギルド2階ブック・ギャラリー


このたび当店では「ゲルハルト・リヒター EDITION WORKS」を開催致します。
現代美術界の巨匠であり、「ドイツ最高峰の画家」とも呼ばれるゲルハルト・リヒター。
絵の具をスキージ(へら)で引きずる行為を繰り返すことによって、色を重ねては削り取り、筆触を消すとともに、色彩を多層化させる、アブストラクト・ペインティングや、リヒターにとって無を象徴するグレーのみを使用した絵画、グレイ・ペインティング。報道写真やスナップ写真から切り取られたイメージを、高度な絵画技術をもって忠実に模写したフォト・ペインティングなど、絵画の可能性に挑戦し続けており、版画作品においても最新の印刷技術を使用するなど、独自の表現を用います。今回の展示ではエディション作品を中心にユニーク作品もあわせてご覧いただけます。

皆様のご来場お待ちしております。



ボヘミアンズ・ギルド ブックギャラリー
11:30~18:00

お問い合わせ 03-3294-3300

ハイレッド・センター展 ボヘミアンズ・ギルド2Fブックギャラリーで開催中

ハイレッド・センター展 ボヘミアンズ・ギルド

ハイレッド・センター

会期: 2020年12月21日(月)- 1月17日(日)※12/29~1/6休業
会場: ボヘミアンズ・ギルド2階ブック・ギャラリー


このたび当店ではハイレッド・センター(高松次郎・赤瀬川原平・中西夏之)の展示を開催いたします。
現在も続く世界的コロナ禍により、私たちは大幅な生活スタイルの見直しを余儀なくされています。長い自粛生活や休業要請、先の見えない不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。
そんな心的状況を打破するには、独特のユーモアであらゆる事物への視点を捉えなおした彼らの活動に学ぶことは有益なことではないでしょうか。
彼らの評価は、世界的にこれからも益々上がっていくように感じます。
活動当時、フルクサスのリーダーであるジョージ・マチューナスは彼らの実力を認め、許諾なしでフルクサス・メンバーにしてしまったというエピソードがあります。
また、裁判制度を逆手に取った『千円札裁判』ではグループの名を世間に知らしめましたが(後に紙幣価値がないため罪に問われない零円札も制作)、
約四十年を経て、この事件を知ってか知らずか、バンクシーも世間を茶化すように偽札を制作しました。

ようやく時代が彼らに追い付いてきたということかもしれません。
今回の目録に掲載されている作品は当店の二階ギャラリーに展示いたします。
また、ハイレッド・センターと行動を共にしたネオダダの風倉匠の作品も同時に展示いたします。
是非ご来店いただき、ハイレッド・センターの世界をお楽しみください。

ボヘミアンズ・ギルド ブックギャラリー
11:30~18:00 12/29~1/6休業
お問い合わせ 03-3294-3300

時代を超える本の世界 竹久夢二展 開催中(~3/31)

世の中のニュースは新型コロナウイルスに関するもの一色ですね。

後ろ向きムードが蔓延し、そこはかとない不安が漂う日常を送っていますよ私は。
マスクも買えませんし。

そんな折、ボヘミアンズ・ギルド二階ブック・ギャラリーでは『時代を超える本の世界 竹久夢二展』が開催中です。

時代を超える本の世界 竹久夢二展

夢二のデザインは本当にすごい。時代を超えて新鮮です。是非あらためて鑑賞して頂きたいです。

アートフェア東京2020も中止、Tokyo Culture Auctionも中止、チュウシ、ちゅうし。

なにか心が躍る出来事がおこるといいですね。私は貴乃花と宮澤りえの婚約発表が衝撃的でした。

なんとかこのムードをやり過ごして生きていきましょう。眠って食べて。

『時代を超える本の世界 竹久夢二展』

現在開催中 ~3/31
ボヘミアンズ・ギルド二階ブック・ギャラリーにて
千代田区神田神保町1-1 木下ビル2F
お問合せ 03-3294-3300

ボヘミアンズ・ギルド2F ブックギャラリーからのお知らせ

bohemian's Guild 2F

現在ブックギャラリーでは、成瀬書房の書籍を展示販売しています。成瀬書房は1970~80年代を中心に文学者の署名入り限定版を多数出版した出版社です。

ボヘミアンズ・ギルド ブックギャラリー 成瀬書房

輸送函は同サイズ同形式をとっていますが、中身の書籍は装幀が全て違い、特別な紙や布、革や陶を埋め込んだ表紙、22金を使用した三方金など、大変手の込んだ仕上がりです。

ボヘミアンズ・ギルド ブックギャラリー 成瀬書房

またコレクターの方からまとめてお譲りいただいため、通常の限定版ではなく全て限定20部以内の「私家本」となっております。

ボヘミアンズ・ギルド ブックギャラリー 成瀬書房

以前より価格もお求めやすくなっております。この機会に是非憧れの文学者が触れた書籍で読書体験を楽しんでください。

吉田克朗版画60点 特別入札会

夏目書房より特別入札会のお知らせです。

5/25(土)より6/1(土)まで吉田克朗版画作品特別入札会を開催いたします。

もの派の作家としても知られる吉田克朗氏の写真を使ったシルクスクリーンやエッチング作品を60点ヤフオクに出品いたします。
皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げております。

ボヘミアンズ・ギャラリー Tel: 03-5577-6946 Fax: 03-5577-6947
→出品作品はコチラ←

【吉田克朗】

1943-1999 日本(埼玉) 画家

1968年多摩美術大学絵画科卒。斎藤義重教室で学ぶ。

「もの派」の中心作家として《Cut-off》シリーズをはじめとする物性の強い立体作品を制作。

1969年から風景や人物のスナップ写真を使ったシルクスクリーン(後にフォトエッチング)による版画の制作を始め、70年第1回ソウル国際版画ビエンナーレで大賞受賞。

1973年-74年イギリスに滞在。さらに1980年代からは絵画の制作を始め、平面的な色彩の《かげろう》シリーズ、黒鉛と指を使った《蝕》シリーズなどを制作した。1943-1999

1968年多摩美術大学絵画科卒。斎藤義重教室で学ぶ。
「もの派」の中心作家として《Cut-off》シリーズをはじめとする物性の強い立体作品を制作。1969年から風景や人物のスナップ写真を使ったシルクスクリーン(後にフォトエッチング)による版画の制作を始め、70年第1回ソウル国際版画ビエンナーレで大賞受賞。
1973年-74年イギリスに滞在。さらに1980年代からは絵画の制作を始め、平面的な色彩の《かげろう》シリーズ、黒鉛と指を使った《蝕》シリーズなどを制作した。

→出品作品はコチラ←

_ _ _

夏目書房/ボヘミアンズ・ギャラリーでは吉田克朗作品の買取を行っています。
吉田克朗以外にも油彩・水彩・立体・彫刻・版画・骨董などの美術品、資料、作品集など国内外問わず美術に関するものを買取しております。
また、古書全般、戦前や中国関係の資料など多種多様にわたり幅広く 取り扱っております。
店頭買取、宅配買取、出張買取など様々な方法がありますので、お手持ちのもので悩んでおりましたら是非1度後相談ください。

美術品買取についてはこちらから→ ○△■

_ _ _

夏目書房/ボヘミアンズ・ギャラリーでは数多くの美術品、古書を取り扱っております。

日本美術の作家、作品をお探しの方はこちらから→○●○
海外美術の作家、作品をお探しの方はこちらから→△▼△
近代文学の作家、作品をお探しの方はこちらから→◇◆◇
古書をお探しの方はこちらから→□■□

KAWS(カウズ)の作品 販売・買取

夏目書房(ボヘミアンズ・ギルド)では現在KAWS(カウズ)作品の買取を行っています。

KAWS(本名BrianDonnelly)はアメリカを代表するストリートアーティスト。
1990年代からニューヨークで活動し、壁やバス停などのビルボード(屋外広告)に手を加える独自の手法からスタートした。
特徴的な「×」印の目のモチーフが有名で、アニメキャラクターなどをモチーフにした作品が多く、現在も若者を魅了して止まない多数の現代アート作品を発表している。

数々のアパレルブランドやトイブランドなどとコラボレーションすることも多く、「Bounty Hunter(バウンティーハンター)」、「A Bathing Ape(アベイシングエイプ)、」、「Original Fake(オリジナルフェイク)」、「UNIQLO(ユニクロ)」、BE@RBRICK(ベアブリック)でお馴染みのホビー会社「Medicom Toy(メディコムトイ)」などとコラボしその人気ぶりは他のアーティストとは一線を画している。2019年夏コレクションではDiorディオール)ともコラボしている。

現在夏目書房では、KAWSのキャンバス作品、シルクスクリーンなどの版画を中心にトイ、洋服、帽子、靴、小物類などを高額買取中です。
買取のお問い合わせはこちらから

_ _ _

夏目書房/ボヘミアンズ・ギルド/ボヘミアンズ・ギャラリーでは、油彩・水彩・立体・彫刻・版画・骨董などの美術品、資料、作品集など国内外問わず美術に関するものを買取しております。
また、古書全般、戦前や中国関係の資料など多種多様にわたり幅広く 取り扱っております。
店頭買取、宅配買取、出張買取など様々な方法がありますので、お手持ちのもので悩んでおりましたら是非1度後相談ください。
美術品買取についてはこちらから→ ○△■

_ _ _

夏目書房/ボヘミアンズ・ギルド/ボヘミアンズ・ギャラリーでは数多くの美術品、古書を取り扱っております。

日本美術の作家、作品をお探しの方はこちらから→○●○
海外美術の作家、作品をお探しの方はこちらから→△▼△
近代文学の作家、作品をお探しの方はこちらから→◇◆◇
古書をお探しの方はこちらから→□■□

次のページ →

ページの先頭へ