2015 9月 1| 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 ボヘミアンズ・ギルド

ブログ 古書 古本 買取 神田神保町・池袋 : 夏目書房

ドナルド・ジャッド Donald Judd

さて9月。早いもので今年も残すところ、あと1/3となりました。

季節は巡る、ということで今回はミニマルアートにおける代表的な作家、ドナルド・ジャッドをご紹介します。

【ドナルド・ジャッド Donald Judd】

1928年、アメリカはミズーリ州生まれ。
47年にニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグで美術を学んだ後、コロンビア大学などで哲学を学ぶ。
50年代は抽象表現主義に影響を受けた絵画作品を制作していたが、
60年代にはいると幾何学的な要素が強くなり、金属の物体を画面にはめ込むレリーフ状の作品を製作。
65年から制作されるようになった「積み重ね(スタック)」と呼ばれるシリーズは、壁に直接同型の薄い箱状の立体が縦一列に並べられるものであった。これがジャッドの代表作となり、箱状の立体が反復的に複数並べられる作品は数多く製作されている。
同年、自らの芸術作品が従来の絵画や彫刻とは異なるゆえんを論じたテクスト、『明確な物体(スペシフィック・オブジェクト)』を発表。
72年頃から素材に合板を、80年代には特殊な錆付けをしたコールテン鋼を用いるようになる。
94年、ニューヨークにて悪性リンパ腫により死去。

ジャッドの書籍、入荷してます。

ドナルド・ジャッド Selected Works 1960-1991

Donald Judd

1999年/埼玉県立近代美術館 少傷み

最初期におけるポロックのような抽象表現主義の作風。

代表的なスタック・シリーズ。ジャッドと言えば、やはりこれが浮かびます。

70年代後半のマーファに居を移してからの作品。

図版の豊富さも勿論のことながら、解説が非常に丁寧で分かりやすいです。

実際にお手にとって御覧頂ければと思います。

さらに、ボヘミアンズギルドには版画も入荷してます。

ドナルド・ジャッド版画額「Untitled-1」

Donald Judd

1974年/アクアチント 限70 サイン 90×59 S:106.5×75 額119.5×88

ドナルド・ジャッド版画額「Untitled-2」

Donald Judd

1974年/アクアチント 限70 サイン 90×59 S:106.5×75 額119.5×88

ドナルド・ジャッド版画額「Untitled-3」

Donald Judd

1974年/アクアチント 限70 サイン 90×59 S:106.5×75 額119.5×88

ミニマルアートとアクアチントは相性が良いように思います。

アクアチント特有な表面のざらざら感がミニマルな無機質感を引き立てています。

季節を問わず、春夏秋冬どこにもぴったりなミニマルアート。

この機会に是非いかがでしょうか。

また、夏目書房、ボヘミアンズ・ギルド、神保町ファインアーツでは随時買い取りを行なっております。
古書から美術品まで、多種多様なものを取り扱っております。お気軽にご連絡ください。

矢野

第7回企画展「池田満寿夫 Prints & Trump」 神保町ファインアーツ

おはようございます。

傘を買えば雨は止み、傘を置いていけば雨が降る。
そんな不安定なお天気のまま、9月に突入してしまいました。

神保町ファインアーツでは、9/1(火)より第7回企画展として「池田満寿夫 Prints & Trump」を開催致します。

版画家、画家、彫刻家、陶芸家、エッセイスト、映画監督など多彩な顔を持つ池田満寿夫。今回の企画展は、最も作品数の多い版画作品を中心に展示・販売しております。

池田満寿夫は、1956年に日本の前衛美術の先駆者である瑛九に見出され版画の道へと進みました。

その1年後の東京国際版画ビエンナーレ展の入選をきっかけに、次々と国内外の賞を受賞。1965年、ニューヨーク近代美術館で日本人初の個展を開催するなど、世界的に活躍しました。

エロスの作家と言われ官能的なイメージがありますが、その作風は年代によって大きく異なっています。

今回の展覧会では、1960年代から1990年代までの様々なタイプの版画作品をご覧頂けます。

こちらはトランプの原画。
優れた色彩感覚と抜群の造形センスです。
作品を元に作られたトランプも合わせてご覧頂けます。

また、池田満寿夫は書籍もかなりの数が出版されています。
こちらは豆本。
左の「かぐやひめ」は銅版画が10図入。
右の「豆本因縁噺」には版画はございませんが、木製ペーパーナイフが何とも可愛らしく、小さな木函との相性抜群です。

作品集や展覧会図録などもございますので、お手にとってご覧くださいませ。

昭和43~46年に美術出版社より発行された「季刊版画」。
創刊号の特集は池田満寿夫。
限定版は版画入です。


2号の特集は、8月にファインアーツで展示をしていた野田哲也


現存の枠にとらわれず生涯内なる欲求に従い、探究心を持ち続けた作家・池田満寿夫をご堪能下さい。

会場:神保町ファインアーツ
時間:11:30-19:00 日祝のみ11:30-18:00
地図 ※靖国通り神保町駅A7出口徒歩1分 一誠堂書店の2件隣り、1Fが菅村書店の白い日本文芸社ビル2F
(近隣に「古瀬戸珈琲店」の入った同名のビルがありますが、違いますのでお気を付けください。)

ページの先頭へ