0

特集Feature

パンリアル美術協会Pan Real Art Association

1949年に日本画という側面から表現の追及を目指し結成された関西の前衛美術グループ。「パン」は「汎」を、「リアル」は「リアリズム」を指す。因習にとらわれた日本画壇の打破や、モティーフ、材質技法に於ける膠彩芸術の可能性を押し広げることを志した。代表的な作家としては、人体曼荼羅に代表される死生観が強く反映された作品を製作した三上誠、コラージュ、人拓画等もとりいれた星野眞吾などが挙げられる。社会的主題や鳥をモチーフとした作品で知られる下村良之介などが挙げられる。

54件ヒット
在庫有のみ  |  すべて  ]

星野眞吾展 記憶の痕跡

星野眞吾

¥1,200

野村耕画額「作品」

Kou Nomura

¥250,000

三上誠画集

¥10,000

下村良之介画額「梟」

Ryonosuke Shimomura

SOLD

下村良之介展 鳥の歌・翔く形象

品川文化振興事業団O美術館編

SOLD

野村耕画額「作品」

Ko Nomura

¥300,000

三上誠画額「作品」

Makoto Mikami

SOLD

山崎隆夫

山崎隆夫

¥1,000