0
検索Search

糸園和三郎Wasaburo Itozono

1911-2001 日本(大分県)
16歳の時に画家を志し川端画学校に通い始める。
独立美術研究所にも通い、研究所の塚原清一、高松甚二郎、山本正と四軌会を結成、展覧会を開く。以後シュルレアリスムの傾向を示す作品を描き始める。
心に浮かんだ映像を長い時間をかけて醸成させ、キャンバスの上に写し換えるという糸園の作品は、画面から余計な対象物が排除されて静謐でありながら、詩情と人間のぬくもりを感じさせる。

16件ヒット
在庫有のみ  |  すべて  ]

糸園和三郎とその時代展

大分県立芸術会館編

¥2,000

新人画会展 戦時下の画家たち 絵があるから生きている 20世紀検証シリーズNo.1

靉光/麻生三郎/糸園和三郎/井上長三郎/大野五郎/鶴岡政男/寺田政明/松本竣介

SOLD

新人画会展 戦時下の画家たち 絵があるから生きている 20世紀検証シリーズNo.1

靉光/麻生三郎/糸園和三郎/井上長三郎/大野五郎/鶴岡政男/寺田政明/松本竣介

SOLD

新人画会展 戦時下の画家たち 絵があるから生きている 20世紀検証シリーズNo.1

靉光/麻生三郎/糸園和三郎/井上長三郎/大野五郎/鶴岡政男/寺田政明/松本竣介

SOLD

新人画会展 戦時下の画家たち 絵があるから生きている 20世紀検証シリーズNo.1

靉光/麻生三郎/糸園和三郎/井上長三郎/大野五郎/鶴岡政男/寺田政明/松本竣介

SOLD

糸園和三郎作品集

糸園和三郎

SOLD